執着と対人恐怖症の関係

執着と対人恐怖症の関係

執着と対人恐怖症には深い関連性があります。

なぜなら、執着は不安から生まれるものだからです。

愛されないのではないかという不安を抱えている人は、愛されることに執着して他人から愛されるようにと自分を演じます。

人から嫌われることに不安を抱えている人は、どうすれば相手から嫌われないかに執着して自分が言いたいことを抑えこみます。

自分の行動や仕草がおかしいのではないかという不安を抱えている人は、他人から自分がどう見えるかに執着して周りの目を意識した行動をとります。

対人恐怖症は治らないのではないかという不安を抱えている人は、対人恐怖症が治ることに執着してどれくらい治っているかばかり気にします。

このように執着は不安を抱えることによって生まれていますので、対人面で不安を抱える対人恐怖症の方は多くのことに執着しているのです。

執着が引き起こす問題

執着しているといつまで経っても不安が解消されないだけでなく、不安がどんどん強化されてしまうという問題が起こります。

執着の反対は手放すことですが、不安が強すぎると手放したくても手放せなくなる。

だから、どうしても執着してしまう。

しかし、執着することによって上手くいかないことが増えてしまうため、さらに不安を強めていくことになるのです。

例えば、友達が自分を好きでいてくれるかどうかに不安を抱いている人は、友達に執着して過度なかかわりをしたり、その友達が他の友達と仲良く話していると激しく嫉妬したりします。

その結果、嫌気がさした友達が自分から離れてしまったとすれば、自分は好かれない人間なのではという不安を強めることになり、さらに友達との関係に強く執着するようになるのです。

また、執着し続けているとどんどん視野が狭くなり、自分が本当にやりたいことができないまま精神的な成長が止まってしまうという問題も起こります。

執着を捨てるために

不安だから執着するという流れを断ち切らなければなりません。

ただ、無理やり執着をやめようとしても不安がそうさせてはくれないので、少しずつ根底にある不安を解消していくことが必要となります。

そのために、カウンセリングで無意識に抑え込んでいる自分の本音、醜さ、弱さ等を話していくことから始めます。

不安のせいで溜め込んでいることを話す(放す)ことによって不安を解消することができ、本当は自分がどうしたいのかという本来の生きる目的、目標に気付けるようになるからです。

そして、本来の生きる目的に向かって行動していく中で自分でコントロールできることが増えていきますので、何か不安を感じたとしても「まあ、なんとかなるかな」と思えるようになっていきます。

その結果、どんどん不安を感じることがなくなっていき、執着しなくても大丈夫な状態になるのです。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ