ソファに座る美しい女性

デリヘルやソープではなくメンズエステ、チャイニーズエステ(チャイエス)に依存してしまう人も増えています。

ヘルスの女の子に本番をさせてくれとがっつく人より、かわいい女の子と楽しく話して癒されたい人が増えてきたのかもしれません。

メンズエステで本番交渉をする人もいますけどね。

毎月何万もメンズエステに使ってしまい、無駄だとわかっているのにやめられない。やめたいのにどうしても行ってしまう。

メンズエステも風俗なので改善方法は風俗依存症と基本的には同じですが、受け身の男性が利用するという特徴から少し異なるところが出てくるんですよね。

他の風俗との違いも含めてメンズエステ通いをやめる方法をお伝えしていきます。

メンズエステにハマる人が多い理由

なぜヘルスではなくメンズエステなのか?

メンズエステは完全に受け身なので男性は何もしなくてもいいから楽。性器同士の接触がないため性病を心配する人も安心です。

鼠径部のキワキワマッサージ、露出の多い服で胸チラやパンチラ…

オイルを使ったリンパマッサージで癒されて、抜きがあればさらに性欲も満たされるという二重の快楽。

特別感を求めている男性にとっては、最後までできることが決まっているソープとは違う期待感も得られる。

本当はMなのに女性が受け身だからと頑張って攻めている男性にとっては至れり尽くせりで天国のように感じるでしょう。

性病感染の危険性がほとんどなく、指入れ禁止、ハンドサービスでフィニッシュなので、男性にガシガシ触られるデリヘルや本番のあるソープより気軽に始める女の子が多い。

結果としてルックスの良い女の子が集まりやすい傾向があります。

そこで特別に自分だけ基本サービス以上のことをしてもらえるかも、本番ができるかも、付き合えるかもという期待感が加わればハマってしまうのは当然かもしれません。

幅広いサービスのメンズエステ

メンズエステと言っても幅広く、本当にリンパマッサージだけのところもあれば、ヘルスと同じサービスがセットになっているところもあります。

回春エステ、性感マッサージ等と呼ばれるジャンルです。

密着洗体、トップレス、オールヌード、キス、パイズリ、素股、フェラ等。

オプションとして追加料金がかかるところばかりでしたが、最近はかからないところも出てきています。

きわどいマッサージだけでも依存しやすいのに、さらに性感まで付けられたらハマってしまうのも無理はないでしょう。

若いうちはヘルスが良かったけど、年齢を重ねて癒しを求めるようになった人にもぴったり。

他にも犯罪の温床と言われるJKリフレなど、男性の性癖に合わせたサービスは多岐に渡るものがありますから、知ってしまうとハマる危険性は高いですよね。

メンズエステは恋愛感情を抱きやすい

受け身のメンズエステはマッサージの相性もあって同じ女の子を指名し続ける傾向があります。

その結果、毎回違う女の子と遊ぶ場合に比べて恋愛感情を抱きやすいのです。

恋愛感情を抱いてしまうとより依存が強くなり「会いたい、会いたい」と女の子のことばかり考えるようになる。

お店のブログを見る頻度が増え、他のお客さんに対して書かれたお礼日記を見て嫉妬。

頭の中がメンズエステ嬢のことでいっぱいになっていく。

恋愛感情が絡みやすいのもメンズエステ依存の厄介なところです。

別れを言いに行ってやめようとする人もいますが、行っても別れなんて言えるわけがなくまた会いたい気持ちを募らせてしまうだけなのでやめましょう。

メンズエステを好む男性が求める癒し

ヘルスやソープとは違い、メンズエステはマッサージがメインです。

そして、マッサージ中の会話もセットになっています。

最低限の会話だけで性欲を満たしたい、女性を攻めたい人は絶対に選びません。

メンズエステに依存する人は、女性とのかかわりで癒されることを求めているのです。

人に相談せず抱え込みながらも何とか頑張って生活している。本当は甘えたいのに甘えられない。

家族にも友達にも見せられない自分をある種別世界にいるセラピストにならさらけ出せる。

心身とも疲れ果てた男性がたどり着く癒しの場がメンズエステになるわけです。

だから、無理やりやめようとはしないでください。

反動で余計に依存が激しくなってしまいます。

メンズエステ通いをやめるために

「絶対にやめるぞ!」と強い意志を持とうとしてもあまり効果はありません。

やめようと思ってもやめられないのが依存症ですからね。

メンズエステ依存症を克服するためには、しっかり自分自身と向き合っていくことが必要なのです。

まずは行動パターンから問題に気付く

いつもどういうタイミングでメンズエステに行くかを振り返ってみましょう。

  • 忙しいときは行かないけど時間ができたら行く
  • 何か嫌なことがあると行ってしまう
  • 仕事を頑張ったときに自分へのご褒美感覚で行く
  • 給料が入った日に行ってしまう

当てはまるものはありますか?

時間ができたら行くのであれば、自分にとって本当に大切なことが曖昧になっているのかもしれません。

嫌なことがあったときに行くのは、有効なストレスの発散方法がない、もしくは発散できないほどのストレスを抱えている可能性が考えられます。

仕事を頑張ったときに行くのは褒められたい、認められたい気持ちが満たされていないから。

給料の大半をメンズエステにつぎ込んでしまうのは、お金と時間の使い方が上手くいっていない証拠。

いくつか例を挙げてみましたが、自分なりに行動パターンの裏側にある問題を考えてみてください。

カウンセリングを受けて依存しなくていい状態にする

やめようと思ってもやめられないのは、メンズエステ通いが必要な状態になっているから。

つまり、メンズエステに通うことでどこか自分を保っているところがあるんですよね。

自覚はないかもしれませんが、親子関係、夫婦関係、恋愛、仕事、職場の人間関係等、何かしら問題を抱えているのは間違いありません。

カウンセリングで悩みを話していただくとスッキリするだけでなく、「なぜ依存してしまうのか」という本質的な問題に気付くことができます。

そして、アドバイスを受けながら問題を解決していくことによって、メンズエステ通いをしなくてもいい状態になるのです。

恋愛感情まで抱いている場合はなかなか難しいですが、それでも続ければ克服することはできます。

メンズエステ通いがやめられないとお悩みでしたらご相談ください。

⇒「メンズエステ通いをやめたい!」性依存症のカウンセリング