電車で痴漢を繰り返していた人がたまたま女性に声を上げられて捕まったとします。

捕まったことによって「俺はなんてことをしてしまったんだ」と後悔し、「もう絶対にやらない」と誓います。

しかし、またいつの間にか電車で痴漢をしてしまっている自分がいる。

他人から見れば「なんて意志の弱い人間なんだ。情けないヤツだ。」と思われるでしょうが、これはそんな意志の強さでは語れないレベルの話なのです。

痴漢や盗撮が逮捕されてもやめられない原因とは?

行動心理学から見た再犯の原理

性犯罪の再犯はたいてい以下のような流れで引き起こされます。

逮捕~性犯罪再犯までの流れ

性犯罪をして逮捕された

やらないようにしようと頑張る

平穏な日々が続く中で「もう治った」と思い込む

再犯防止の意識が緩み、対策や改善に向けた取り組みがおろそかになる

逮捕されたのは偶然で今度は大丈夫かもしれないと思いだす

1回だけならやっても大丈夫だろうと思う

また性犯罪をしてしまう

捕まらなかった(今回大丈夫だったから次も大丈夫だろうと思う)

また性犯罪をしてしまう

逮捕という罰を受けた時点では行動をやめることができるのですが、その罰がなくなってしまうとまた同じ過ちを繰り返してしまう傾向が人間にはあります。

これは性犯罪に限らず、車のスピード違反、駐車違反、信号無視、浮気、風俗通い等にも当てはまる原理です。

成功体験と失敗体験

性犯罪に対して使うのは適切ではないかもしれませんが、わかりやすくするために成功体験と失敗体験に当てはめて再犯につながる感覚をご説明します。

例えば、盗撮を100回やった時点で捕まった人がいたとします。

最終的に捕まってはいますが、捕まらずにできた成功体験が99回もあります。

1回捕まったことで大変なことをしたと認識して反省したとしても、実際に経験したこの99回の成功体験が消えるわけではありません。

捕まった直後の衝撃や反省が薄まってくれば、あくまでも1回の失敗体験という認識にしかならず、99回の成功体験が上回ってしまうわけです。

これが先程の「1回だけならやっても大丈夫だろう」という考えにつながっています。

わかりやすく100回を例にしましたが、5回でも10回でも変わりません。

自分の感覚の中で成功体験が上回っている限り、再犯の危険性はあるのです。

カウンセリングでは、条件反射制御法、認知行動療法を中心とするアプローチで成功体験を失敗体験に塗り替える取り組みをおこなっております。

痴漢や盗撮を誘発する快感とスリル

もう一つの原因は痴漢や盗撮をすることで得られる快感とやってはいけないことをやるスリルにあります。

この快感とスリルは麻薬のようなもので、一度経験してしまうとその感覚が忘れられずに我慢できない中毒のような状態になってしまうのです。

一度やれば必ず捕まるような犯罪であればこのようなことは起こらないのですが、痴漢や盗撮が逮捕されにくいところにも依存させてしまう原因があると言えます。

痴漢や盗撮で捕まった方でそのときが初めてだという人はまずいません。何度も繰り返して快感とスリルを感じています。

快感とスリルを得ようとする考えのもとには、日々抱えているストレスがあり、ストレスが発散できていないからこそ、理性を司っている前頭葉の働きが弱まって目の前の快感とスリルを得る行動を衝動的にしてしまう。

つまり、原因を作り出す引き金として日々のストレスがあるのです。

痴漢や盗撮、露出などはストレスを引き金とする依存症であるわけですから、「捕まったからやめよう」という意志だけではどうすることもできず、以下のようなことをしっかりと継続していくことが必要になります。

  1. 電車に乗らないようにするなど痴漢や盗撮が物理的にできないように行動を変える
  2. 痴漢や盗撮、露出に代わるストレス解消法を取り入れていく
  3. ストレスを抱えづらい状態にするために問題を抱えた脳の状態を改善する習慣を取り入れる
  4. 生育暦や日々の生活の中で作り出された依存的な考え方を生活習慣を変えて小さくしていく

痴漢や盗撮などの性的問題行動は、脳の機能も考慮した上で専門的な知識をもって対処していかない限り再犯を防止できないのです。

背景にある問題を解決しない限り性犯罪の再犯防止ができたとは言えない

性犯罪は「再犯」が問題視されます。

だから再犯しなくなれば改善したと考える人が多いのですがそう単純なものでもありません。

確かに性犯罪を今後一切やらなくなれば、被害者を生み出すことも、逮捕されることも、周りに迷惑を掛けることもない。

しかし、再犯しない状態になっていても背景にある問題が未解決であれば、いずれ何かしらの大きな変化、アクシデントなどが生じたときに表面化します。

再犯してしまうのは性犯罪をするほどの状態を作りだす問題を放置しているから。

性犯罪の再犯防止は背景にある大きな問題を解決し、大きな変化があったとしても乗り越えられる状態になって初めて成立するのです。

性犯罪をしていないという表面的な結果だけでなく、水面下にある問題がどれだけ解決できているかにしっかり目を向けて取り組みを続けていただければと思います。

⇒痴漢や盗撮の再犯防止カウンセリング

性犯罪抑止のサポートメルマガ