一般のカウンセリングルームとの違い

カウンセリングルームWILLの特徴

1.対人恐怖症を専門としてカウンセリングをおこなっている

当カウンセリングルームは他のカウンセリングルームとは違い、うつ病やうつ状態、パニック障害、依存症等さまざまな症状や精神病に潜在する対人恐怖症を専門にカウンセリングをおこなっております。

手法としては、来談者中心療法、行動療法を軸に、マインドフルネス認知療法、選択理論心理学、認知行動療法、森田療法、NLP、TFT、コーチング等のうち対人恐怖症克服に効果があったものと、過去の私自身の対人恐怖症克服経験と8年間の営業経験で得たコミュニケーション能力向上法など実体験をもとにした独自のエッセンスを交えた技法を用いております。

認知の歪み、脳の働き、習慣、コミュニケーション方法など複数の観点から改善へのアプローチをおこなうため、他のカウンセリングルームと比べて短期間で克服できるようになっています。

臨床経験だけでなく、実際にいろんなタイプの人と接する場面に出たりしながら、常にコミュニケーションや心理学について実践、勉強、研究して対人恐怖症克服に最適な療法を構築しております。

2.ワーク形式の採用により電話でも対面と同等の効果が出ている

通常のカウンセリングとは異なり、次回のカウンセリングまでの間に取り組んでいただくこと(ワーク)を毎回ご提案させていただくワーク形式を採用しております。

その時の状態に合った簡単なワークに取り組んでいただく形となりますが、もし疑問が出てきて困ったとしても次回のカウンセリングまでにメールで質問して解決していただくことができるシステムを採用しておりますので、カウンセリングの当日だけでなく、次回のカウンセリングまでにご自身で取り組んでいただく間もしっかりとフォローを受けながら迷わず克服へと向かうことができます。

ワーク形式を採用した結果、直接対面しない電話によるカウンセリングでも対人恐怖症を克服される方が増えてきており、実際に北海道、宮城、東京、広島、福岡など遠方にお住まいの方からもお申込をいただいております。

3.申込み前の無料相談を設けている

初めてカウンセリングを受ける方にとっては「本当に自分の症状でも克服できるのかどうか、効果が出るのかどうか」が気になるところだと思います。とくに長期間悩んでおられる方は対人恐怖症は克服できないものと諦めておられるケースもあります。

そういう状態でもダメもとで相談してみたり、実際にカウンセリングを受けてみたりしやすいようにと考えたのが、申込み前の無料相談だったのです。

無料相談をしたから絶対に申込みをしないといけないことはありませんので、本気で対人恐怖症を克服したいとお考えの方は一度ご相談いただければと思います。

カウンセリングルームWILLの方針

対人恐怖症になりやすい性格を活かします

対人恐怖症になりやすい性格を長所として活かすことを前提に改善していきます。

  • 神経質 → 気配り上手
  • 慎重、怖がり → 準備をしっかりする能力
  • 内気 → 本音で話せる能力
  • 生真面目 → コツコツとこなす能力

ですから、正反対の性格(相手の気持ちを全然考えない無神経な人)になることはありません。もし、それを望まれるのなら、違う所でカウンセリングを受けて下さい。

あなたの立場、目線で徹底的に考えます

あなたが現状どんなに苦しい状態なのか、つらい状態なのかをご相談内容だけでなく、しぐさや声のトーン、メールの文面等からも想像して、情景を浮かべながらカウンセリングをおこないます。そのためにも情報は多い方がより効果的なカウンセリングを行いやすくなりますので、必要に応じて質問もおこないます。(必要以上に過去を掘り返して何十年も時間をかけるようなカウンセリングはおこないません

克服に効果のある方法のみを選択します

克服方法はいろいろありますが、都度あなたのそのときの状態に応じた最適な方法を選んでアドバイスを行います。その結果、あなたに嫌われることも覚悟しております。私があなたからどう思われるか等の余計な感情は全て排除した中で、あなたが克服するために効果的な方法のみを選択します。

根本からの克服をサポートします

その場その場の対処法だけでなく、根本的な克服につながる視点や考え方、有効な気付きを得ていただけるアドバイスを適切なタイミングで行います。

対人恐怖症の根本的な克服は1日、2日でできるものではなく、継続できるかどうかも非常に重要となりますので、行動心理に基づいた継続するためのアドバイスもさせていただいております。

このページの先頭へ