嫌なことばかり思い出して考え続けたい人はまずいないでしょう。

しんどいし気持ちは滅入ってくるし「もう思い出したくない」となるのが当然です。

なのに、わざと自分を苦しめるためにやっているのかというくらい思い出してしまう。

思い出すことが止められない。

気をそらせようとスマホをいじってみたり、youtubeを見たり、ゲームをしてみたりする人は多いですがなかなか止まりません。

どうすれば嫌なことを思い出さないようにできるのでしょうか?

まず嫌なことが記憶に残りやすい原理からお伝えしていきます。

なぜ嫌なことばかり記憶に残っているのか?

人間が失敗した記憶を残すからというのはあります。

失敗から学び、同じ失敗を繰り返さないことは生命を維持していくうえで非常に重要。

生命を維持して遺伝子を残すという人間の本能によって、失敗は記憶に残したくなくても残ってしまうのです。

でも、嫌なことがすべて失敗の記憶とは限りませんよね。

誰かに悪口を言われたとか、馬鹿にされたとか、嫌がらせを受けたとかは失敗ではないですから。

たしかに失敗以外のことなのですが、こういった嫌なことも記憶されやすいものではあります。

人間は想定外のことも危険だと判断して記憶に残すからです。

昨日までと同じことを続ければ生命が維持できる、逆に想定外の変化が起これば維持できなくなるかもしれない。

失敗と同じく生命維持のため記憶に残さないといけないわけです。

別に悪いことをしている認識がないのに悪口を言われた。

自分では良いと思っていることを馬鹿にされた。

普通に接していたはずなのに嫌がらせを受けた。

全部想定外のことですよね。

嫌なことの記憶自体に問題はない

嫌だったことが記憶に残りやすいのはみんな同じです。

しかし、嫌なことばかり思い出して苦しむ人もいれば、嫌なことを思い出さず楽しんでいる人もいます。

なぜでしょうか?

嫌なことばかり思い出す人は他の人に比べて失敗や想定外の経験が突出して多いからしょうか?

たしかに人によって多い少ないはありますが、失敗や想定外の経験が多くても思い出さない人はいます。

逆に嫌なことより良かったことや成功体験、ポジティブな記憶のほうが思い出しやすいという人もいますよね。

つまり、嫌なことの記憶自体が問題ではなく、嫌なことばかり思い出す状態になっていることに問題があると言えます。

嫌なことばかり思い出すようになってしまう原因

人間の記憶は脳内に点在しており、思い出すときに統合されます。

色、形、音、におい、味、食感、手触り、感情、知識…

それぞれ別々のところに入っていて、上手く統合できないと思い出せません。

「あー、えーっと、あれあれ。何だっけ?」という度忘れも統合が上手くいかなかったときの現象です。

逆に上手く統合できることはすぐ思い出すことができます。

嫌なことばかり何度も思い出していると統合が上手くなるので、思い出しやすくなってしまうわけです。

思い出しやすくする回路が出来上がったような感じでしょうか。

また、現状が上手くいっていない、未来に不安なことが多い場合は、現在と未来から目をそむけたくなって過去に焦点が当たりやすくなるというのもあります。

嫌なことばかり思い出して過ごしていると、日常でも嫌なことに焦点が当たりやすくなる。

日常の嫌なことから過去の嫌なことにつながってまた思い出すという悪循環も生まれやすいですね。

どうすれば嫌なことばかり思い出すのをやめられるのか?

嫌なことを思い出す習慣を変えることです。

思い出すことを続けているからどんどん思い出しやすくなって苦しむ。

だからやめればいい。

ただ、「思い出すのをやめよう」と意識しても効果はありません。

すでに思い出しやすい回路ができあがっている以上、無意識レベルで思い出してしまいますから。

嫌なことを思い出すのは止められないからそのままに、他のことを思い出す比率を高めて分散していきます。

まずは嫌だったこと以外の記憶を思い出すことを少しずつでもやってみてください。

よかったこと、嬉しかったこと、楽しかったこと、感動したこと、心地よかったこと、気持ちよかったこと、達成できたこと、成長を実感できたこと、頑張れたこと…

書き出すだけでも効果はありますが、話したほうが当時の感覚がよみがえりやすいので効果が出やすいです。

話せる相手がいない場合や身近な人に話したくない場合はカウンセリングを活用してください。

新たな体験を重ねることも効果があります。

新たな体験によって何かを学び、感じ、考えとしていくと、過去の記憶に意識が向きづらくなるからです。

今の生活と関連しない体験をいきなりするのは難しいので、普段見ているものと違うジャンルの動画を見てみたり、普段聴かない音楽を聴いてみたり、普段やっていることの延長で少し変えてみるのがやりやすいでしょう。

「新しい情報とのつながりができると古い情報とのつながりが薄れる」という脳の機能的な面から考えても効果が見込めます。