女性二人がひそひそ話

近くで話し声が聞こえたら誰しも多少なり気にはなるでしょう。

  • 職場で同僚が集まって談笑しているとき
  • 学校で同級生が二人でヒソヒソと話しているとき
  • 電車で近くの学生同士が話をしているとき

「何を話しているのかな」と興味本位で聞くならいいですが、自分の悪口を言われてるような気がして聞くのはつらいですよね。

自分のことではないと思っていても悪口に聞こえるし、クスクス笑い声が聞こえたら自分が笑われているような気がする…

「気にしないようにしよう」と思っても、悪口を言われているかと思うと不安で気になってしまうのです。

悪口を言われているような気がする原因

人を信用できない状態になっている

過去にいじめや裏切りにあった経験がある人ほど悪口を言われることに敏感です。

例えば、見た目を馬鹿にされていた人は、また見た目のことを悪く言われてるんじゃないかと思いやすいところがあります。

私自身も高校時代に「つぶやきシロー」「オクレ兄さん(Mr.オクレ)」と言われていたので、自分の方を見て話している人がいたらまた見た目のことを馬鹿にしているんだろうとしか思えない時期がありました。

不信感が強くなると優しい人だ、いい人だとわかっている相手に対しても、陰では自分の悪口を言ってるんじゃないかと思えてきたりする。

自分が休んだ日に悪口を言われるのが怖くて、休めなくなってしまう人もいるくらいです。

自分が他人のことを悪く思っている

誰しも他人のことを批判したり否定したりする気持ちは持っています。

「ほんと自己中な人だな」

「電車の中で騒ぐなんて非常識なヤツだ」

「よくあんな格好で外歩けるよな」

自分も他人に対して悪口を言いたくなる気持ちがあるのに言わない。

そもそも、他人を嫌いにならない、批判したり否定したりする気持ちが湧かないと言う人もいますがそんなはずはありません。ただ自分のそういう部分を見ないようにしているだけの話です。

自分のことを悪く言われていると思うのは、自分が他人のことを悪く思う面を持っているから。

「投影」という自分の気持ちが他人に映し出される現象によって、相手が自分のことを悪く言っているように感じてしまうのです。

自信がなく他人の目ばかり気にしている

「人からどう見られるか、どう思われるか」を気にしていると、どうしても他人の行動が気になります。

常に周りを意識しているから自分の方をチラッと見て話し始めた人に気付いて「自分のことを話してるんじゃないか」と妙に勘ぐってしまう。

自信がないからネガティブに捉えて、自分のことを悪く言われたと思うわけです。

他人の目を気にしていなければ自分の方を見て話す人は気にならないし、そもそもそういう人がいることにすら気付かないかもしれませんよね。

周囲の何気ない仕草や言葉を自分の欠点と結びつけるのは「自己関係づけ」と呼ばれ、対人恐怖症と密接にかかわっています。

自分の悪口を言われている気がするのは統合失調症なのか?

自分の悪口を言われているんじゃないかと思って過ごしていると、自分と関係のない話をしている人にも悪口を言われているような感覚になってきます。

現実には言われていないのに自分では悪口を言われているとしか思えない。

この段階で統合失調症を疑う人もいますが、まだまだ現実的な感覚なので前述の自己関係づけに該当するレベルではないかと思っています。

誰もいないところで自分の悪口が聞こえてくるとか、日本中の人に自分が知られていて悪口を言われているとか、テレビのタレントが自分の悪口を言っているとかになると、統合失調症に該当するのかなという印象です。

「自分の悪口を言われているかもしれない」という可能性の段階から「自分の悪口を言われているに違いない」という確信に変わり、最終的に非現実的な妄想に至る流れがあります。

統合失調症がどういうものかを知りたい方は、映画『ビューティフルマインド』を一度見てみてください。

「悪口を言われていると思うけど現実的にはありえないよな」と考えることができる状態であれば、まだ妄想には至っていないのではないかと思います。

悪口を言われていると思っても気にしないために

「もし本当に悪口を言われていたらどうなるか」を考える

「悪口を言われたら大変なことになる」と思っていれば悪口を恐れる気持ちは強くなります。

逆に「悪口を言われても大したことはない、とくに大きな問題は起こらない」と思っていれば悪口を言われても気になりづらい。

嫌な気持ちになることはあっても過剰に反応したり恐れたりすることがなくなります。

もし電車の中で見ず知らずの誰かが自分の悪口を言っていたとして何か問題が起こりますか?嫌な気持ちにはなるでしょう。恥ずかしい思いをするかもしれません。でも、実害はないですよね?

職場の同僚に悪口を言われた場合はどうでしょう。悪口が広まってみんなから言われるようになるかもしれない。職場に自分の居場所がなくなってしまう。最悪のケースを考えれば大変な状況になる可能性はありますが、そこまでひどい状態になれば会社を辞めるのもひとつの方法として考えられます。

また必ずしも最悪のケースになるとは限りませんので、悪口が広まっても誰かが助けてくれるとか、そもそも広がりまではしないとか、他の可能性も出てくるわけです。

一度自分のケースに当てはめて考えてみてください。

悪口を気にしないようにするのではなく

よく本やインターネット上では「他人はあなたのことそんなに見てないから気にしなくていいよ」とか、「実際に言われてても気にしないようにすればいい」なんて書かれていたりします。

それができれば苦労しませんよね。

「悪口を言われているかも」と気にしてしまう繊細な感性を持っている人の場合、「気にしないようにしよう」とすればするほど余計に気になってしまうもの。

悪口を言われているかどうかばかりに焦点を当てることになるわけですから。直接相手に悪口を言ったかどうか確認できたとしても本当のことを言ってくれるとは限りません。

今の状態では何をやっても気になってしまうので、気になりながらでも他に意識を向けられる状態にしていくことが必要です。

まずは悪口を気にしてしまう自分を否定しないことから。「今はどうしても気になってしまうよな」と受け止めるようにしてください。その上で自分がやりたいことを少しずつやっていくようにしましょう。

別のことに意識が向く度合いが高まれば高まるほど「他人に悪口を言われているかも」と考えることがなくなっていきます。

影を認めて悪口に左右されない自分になる

過去の偉人でも好感度が高い有名人でも、悪口を言われたことがない人なんて存在しません。

芸能人がエゴサーチをするように、度合いは違えど誰しも自分がどう思われているかは気になるもの。

悪口を言われる可能性をゼロにすることも、全く気にしないようになることもできないので、悪口に影響されない状態を目指すことが必要です。

自分の心に対する潔癖さ(聖人君子のようなもの)を求める感覚が悪口への過剰な意識を生み出しているため、カウンセリングでは見ないようにしてきた影の部分に焦点を当てていきます。

自己中心性、偏見、不満、ズルさ、他人への否定的な考え、嫌悪や怒りなどのネガティブな感情が自分の中にあることは受け入れがたいものですが、向き合っていく中で少しずつ認められるようになります。

影を含めた本当の自分を認めることができるにつれて自己評価が高まり、悪口に心が揺らがない状態になっていくのです。

悪口を言われている気がしてつらい状態を耐え忍んでおられるのであればカウンセリングをご検討ください。