風俗通いがバレて妻からやめないと離婚するとまで言われても、泣き崩れられても、激怒されてもまた風俗に行ってしまう。

バレてすぐの頃は一旦止まるものの、時間の経過と共にまた行きたい気持ちが顔を出し、「今度こそはバレないように上手くやろう」「同僚に誘われたから仕方ない」等と身勝手な考えで行ってしまう。

しかし、上着のポケット等のに入ったままのカードや風俗嬢とのLINEやメールでのやりとり、クレジットカードの怪しい利用履歴が見つかってまたバレる。

奥さんからすればなんとかしてやめさせたいと思うのに夫は隠れて風俗通いを繰り返すわけです。

なぜバレてもまた風俗に通ってしまうのでしょうか?

妻にバレても風俗通いがやめられない原因

風俗通いを正当化している

風俗通いを繰り返す男性は必ず何かしら正当化している部分があります。

「妻にばれなないようにやってるから大丈夫」

「浮気とは違って相手はプロだしお金だけの割り切った関係だから問題ない」

「ヌキはあるけどエステだから大丈夫」

「結婚しててもみんな風俗に行ってるし」

「誘われたから仕方ない」

とくに「男性は本能的に複数の女性を求めるものだから仕方ない」というのは、男性だけでなく風俗嬢も言うセリフだったりしますが犬や猫のように本能むき出しで生きているということでしょうか。

本能的に求めていたとしても人間にはそれをコントロールする理性があるわけで、これを風俗通いの理由にする男性は遠まわしに「私は理性のない人間だ」と認めていることになってしまいますよね。

妻の気持ちを考えることができていない

男性として風俗に行くのなんて当たり前と思っていたとしても、妻からすれば当たり前ではなくどれだけ傷付けてしまうものか。

妻の妊娠、出産時期に風俗に行く男性がいるという話もよく聞きますが、妻がつわりでフーフー苦しんでいる時期に他の女性と肉体関係を持つなんてことは妻の立場からすればありえません。

にもかかわらず平気で風俗に行けるというのは妻の気持ちを考えていない証拠ですよね。

実際にバレてしまって離婚を考えさせるほどつらい思いをさせてもなお通い続けるというのは相当なものだと言えます。

妻の気持ちを考えず自分の視点で風俗通いを見続ける限り、風俗通いをやめることはできません。

結局は「バレなきゃいいだろ」という安易な気持ちで行ってしまうことになります。

夫婦関係で欲求不満が募っている

出産後にSEXを妻に拒絶されたり、妻の精神状態や体調が不安定でなかなかタイミングが合わなかったり、妻を性的な対象として見られなくなったり…

何しらの理由で性欲が満たされなくなったことを原因とする見方もできますが、実態はそんなに単純な話ではありません。

別にセックスレスでも風俗通いをしない人はいくらでもいますからね。

問題は夫婦関係で欲求不満が募っていることにあります。

やってもらうのが当たり前になっていて、感謝の言葉を伝えあうこともない。

お互いに理解し合えないまま、関係を維持するために我慢して言いたいことも言えず。

強い欲求不満を抱えながら「相手がしてくれないから自分もしない」と意地を張り合う。

風俗は自分のして欲しいことを自分の望むタイミングでしてくれる、もしやってくれなければ別の子に変えればいいだけだから、理解してくれない女性に理解を求める必要もない。

風俗が妻との関係で募る欲求不満を誤魔化す手段であるとすれば、やめられなくなるのも自然な流れと言えるのかもしれません。

風俗通いをやめて夫婦関係を修復するために

男性と女性で風俗に対する見方が違うことを知る

男性からすれば風俗は浮気と違って恋愛感情のないただの遊び、飲み会後に同僚とカラオケ感覚で行くところ、性欲を発散するだけのもの。

高級オナニーとまで言われることもあります。

しかし、妻からすれば自分という女性がありながら他の女性を求められることは自分の女性としての存在を貶められたことになります。

女性としての魅力がなくなったせいではないか、SEXでのテクニックが足りないせいじゃないか等と自分を責めるケースもあるほどです。

お気にの風俗嬢に対して恋愛感情があるのは言語道断レベルですが、なかったとしても他の女性と体の関係を持っていたという事実は汚らわしく、お金で女性を買うという感覚に対する軽蔑心、性病を移されていないかどうかの不安、自分を騙し続けてきたことへの怒りなど様々な感情を抱きます。

もしかすると今、妻に責め立てられてつらい状態かもしれませんが、妻の気持ちを考えることができれば対応の仕方も変わってくるはずです。

本当の問題と向き合おうとする姿勢を持つ

「性欲が強いから風俗がやめられない」と考えるほど、問題を単純に考えてしまう人は多いです。

別に性欲が強かったとしても、今はいくらでもAVがあるし、場所がなくてもビデオ試写室で自慰行為ができます。

夫婦関係を破綻させるリスクを冒してまで風俗に行く必要はありません。

よく考えてみてください。

妻にバレてもなお風俗に行き続けるってよっぽどの状態だと思いませんか?

やめたいのにやめられないのには必ず原因があります。

まずは自分が抱えている本当の問題と向き合おうとすることから始めてください。

妻にバレても風俗通いがやめられないのは夫婦関係に問題がある証拠

妻にバレても風俗通いがやめられないレベルだと、間違いなく夫婦関係に大きな問題が生じています。

奥さんとのかかわりで我慢していることはありませんか?

「自分はこんなに頑張っているのに…」と思うことはありませんか?

本当はわかって欲しいのに無理だと諦めていることはありませんか?

根本的な問題から目を背け続ける限り風俗通いはやめられません。

風俗に通って誤魔化し続けるのではなく、根本的な問題を解消していく必要があるのです。

ただ、風俗通いがバレると妻からの信用は失われ、改善していくべき夫婦関係のコミュニケーションも取りづらくなります。

夫は言いたいことが言えなくなり、妻は些細なことでも不安になって責めてしまう。

一度だけでも大変ですが、二度三度であれば、夫婦間だけで話し合って修復していくのは難しいでしょう。

カウンセリングでは、夫婦関係の問題を生み出す背景(幼少期からの習慣や心理的な課題など)を明らかにした上で、何をすればいいかまで具体的にアドバイスしております。

本人だけでなく、夫婦同席、もしくは夫婦別々で受けていただくことも可能です。

⇒「風俗通いをやめたい!」風俗依存症を克服するカウンセリング