雑談恐怖症で上手くコミュニケーションが取れていない方の話をお聴きしていると、話したいけど話すことがない状態になっていることがわかります。

人と話したいという気持ちはあるのに、相手に話したい話題がない。

というより、話していいと思える話題がないと言ったほうが的確かもしれません。

何の話をしてもいいのであれば昨日の晩御飯のことでも、好きなアニメのことでも話のネタなんていくらでもありますからね。

本来、人との会話は自分が話したいことを話して、相手も話したいことを話す。

その上でお互いに興味を持った内容を質問したり、共感したりして成り立つもの。

話したいことがないと会話を成り立たせるのが難しくなってしまうから困るわけです。

なぜ話したいけど話すことがない状態になってしまうのか、どうすれば改善できるかをお伝えしていきます。

話したい気持ちはあっても話すことがないのはなぜ?

本当は話したいことがあるんだけど…

話すことがない、話したいことがないと言われますが、話したいと思っている以上話したいことはあるはずです。

しかし、話したい相手を前にすると話すことがなくなってしまう。

これは話すことがないのではなく、話していいと思えることがない状態になっていると言えます。

自分のことを受け入れてくれるかどうかわからない、何が好きで何が嫌いかわからない、どういう話なら興味を持ってくれるかわからない、上手く話せるかどうかわからない…

こういった不安を抱えていると、自分が何を話したいかではなく「相手に話しても大丈夫な話題は何だろう」という発想になるので話すことがなくなってしまうのです。

知られたくないことが多いから話題がなくなる

話したいけど話すことがない状態になる人は秘密主義です。

週末一人で過ごしていること、彼女がいないこと、アニメが好きでよく見ていること、無趣味でダラダラ過ごしてしまっていること、職場と違って家ではだらしないこと等。

プライベートが知られたくないことばかりであれば、休日の過ごし方が話題になったときに困ります。

他人に知られたくない趣味を持っている人であれば、趣味に関する話題が出たときに困ります。

知られたくないことが多い人ほど話せる話題がなくなってしまうわけです。

いくら人と話したいと思っていても、知られたくないことばかりでは話しようがありませんよね。

背景には「変に思われたくない、嫌われたくない、馬鹿にされたくない」といった思いがあります。

上手く話せるかどうかばかり考えている

話したいけど話すことがない状態の人は「上手く話せるかどうか」を常に考えています。

人は普段から考えていることを話したいと思うわけですから、「上手く話せるかどうか」ばかり考えている人は「上手く話せるかどうか」に関する話しかできなくなってしまうわけです。

でも、そんなことを話したいとは思いませんよね?

どうすれば普通に話せるかとか、こういう場面で上手く話せなかったとか…

絶対に話したくないでしょうし、もし話せたとしても相手が返答に困ります。

本来話したいはずのことに全然意識が向いていないから話すことが出てこないのです。

相手主導の会話が話すことがない状態を作り出す

依存的な会話で自発性を失う

話したい気持ちがあっても自分からは話せない。

だって、いつも相手の話を聞いているだけ、相手の話に乗っかるだけだから。

相手主導で受身のコミュニケーションをとっていれば話すことがなくても成り立ちます。

相手のおかげで会話が成り立ち、楽しい時間を過ごせることもあるわけです。

しかし、受身の会話が繰り返されていくうちに自分の意見を考えなくなる。

自分のことを話す機会も少なく、自分から話したいことを話す感覚を失っているのです。

自分の感情がよくわからなくなる

相手主導の会話では自分に焦点が当たらないため、どんどん自分の感情がわからなくなります。

本来人は何かしら感情が動いたことを話したくなるものです。

例えば、毎日雨で電車が遅れることにイライラしている人なら「最近、毎日電車遅れるから嫌やわ」と話したり、仕事が忙しくてしんどいと思っている人なら「ほんま仕事しんどいわ」と話したり、サッカー日本代表が引き分けて悔しかった人は「昨日の試合観た?」と話したりします。

しかし、その時々の感情がわからない状態だと話したいと思いません。

電車が遅れても「あー、遅れたな」と思うだけ、仕事が大変でも「仕方ないし」と納得させる。

こんな冷めた状態では「聞いて聞いて!」って感じになりませんよね。

だから、話したいけど話すことがない、話すネタがない状態になっているのです。

「話したいけど話すことがない」は自分主導の会話で改善できる

しっかり自分の感情に目を向けることから

コミュニケーションの土台は、自分が話したいことを話す、自分主導で話すことにあります。

しかし、自分が話したい気持ちを「相手に嫌われたくない、変に思われたくない」が上回ると相手主導にならざるをえない。

相手主導から自分主導に変えていくためには、自分が話したい気持ちを強めることが必要。

話したい気持ちの根っこにある感情をどれだけ大切にするかです。

まずは自分の感情に焦点を当てる習慣をつけていきましょう。

相手主導で置き去りにしてきたから簡単ではありませんが、何か印象的なことがあったときだけでも「自分がどう感じたか」を振り返ってみてください。

自分では感情がわからない状態になっている場合は、カウンセリングで気付けるようにサポートします。

話すことが快感であればあるほど話したくなる

そして、自分から話して快感を得る機会を増やします。

カウンセリングで話したいことを話す楽しさ、気持ちよさを実感することで、話したい気持ちが強まっていく。

話したい気持ちが「相手にどう思われるか」の不安を上回るから、日常でも自分主導で話す感覚が出てきます。

純粋に話したいことを話す、聞きたいことを聞く比率が上がれば上がるほど話しやすくなる。

コミュニケーションは音叉のように影響し合うので、自分が話したいことを話して楽しい気持ちになれば相手も楽しんでくれます。

自分主導で話して相手と一緒に楽しめるようになれば、自然と話題が出てくるようになって「話したいけど話すことがない」と悩むことはなくなるのです。