人に嫌われたくない、良い人に見られたいと思っている人は、衝突が起こらないように波風が立たないようにしています。

だから、自分が我慢して丸く収まるならそれでいいと思うのです。

  • 友達に合わせて自分が言いたいことを抑え込む
  • 面倒くさいことを押し付けられても嫌な顔せず引き受ける
  • 何時間も愚痴ばかり聞くのは嫌なのに頑張って聞き続ける
  • 気分を害するようなことを言われてもヘラヘラ笑ってごまかす

こういったことを繰り返しているので、自分にとって嫌なこともわからなくなっています。

言いたいことが言えないのも、面倒くさいことを押し付けられるのも、延々と愚痴ばかり聞かされるのも、気分を害するようなことを言われて反論できないのも、本当はすごく嫌なこと。

なのに嫌だと感じないのは無意識に感情を抑え込んだり誤魔化したりしているからにすぎません。

感情の抑圧が引き起こす問題

自覚できないまま我慢を繰り返す

わかりやすくするために一つのエピソードを紹介します。

とある雨の日のことですが、電車で座っていたときに乗り込んできた女性が私の目の前に立ちました。

その女性は傘を腕に引っ掛けるようにして持っていたので、ちょうど私の足に傘が当たる形になったのです。

私は足に傘が当たるのは嫌だったので傘を振り払いました。

すると、その女性は申し訳なさそうに頭を下げながら傘を持ち替えました。

傘を振り払わなかったとしても相手が気付いたかもしれません。

隣の人が気付いて言ってくれる可能性もあったでしょう。

でも、そうなる保証はありませんし、そうなるまでの間じっと嫌なことを耐え続けることになります。

「傘を振り払うくらいならできるよ」という人もいると思いますが、人とのかかわりで我慢していることは多いはずです。

嫌ないじり方をされているのに笑いながら必死に我慢している人もいたりします。

何か思い当たることはないでしょうか?

自分の感情がわからなくなる

感情を抑圧し続けていると自分の気持ちを偽るようになるので「自分は嫌だけど他の人は嫌じゃないかもしれない」とか「相手も悪気があってやっているわけじゃないんだし」と自分を無理やり納得させていく。

「自分が我慢する」という選択の繰り返しによって、嫌な気持ちを感じない状態にまでなってしまいます。

嫌だという感覚がマヒしているから嫌だと思わないし、とくにイライラすることもない。

周りの人から「嫌じゃないの?」「怒ったほうがいいよ」と言われて「嫌なことなんだ」と気付く状態。

愚痴を聞いてもなかなか共感できなくて合わせるだけになっている人は多いですね。

些細なことでも我慢を繰り返していると蓄積されていきます。

そして、本当に我慢しないといけない肝心なところで我慢できず、信用を失ってしまうことにもなりかねません。

普段怒らない人が急にキレて周りの人たちが離れて行くとか、絶対にミスが許されないときにミスして上司に見限られてしまうとか。

日々何かしらずっと我慢している状態なのに、さらに我慢しようとしたら…

パンクするのも当然ですよね。

相手を責められず自分を責めてばかり

感情を抑圧していると怒りも感じないため、相手を責めることができなくなります。

例えば、信号待ちをしていて後ろから追突された場合は100%追突してきた相手が悪いはず。

なのに、その場にいた自分が悪いと思う人もいるくらい。

幼少期から親に責任転嫁され「自分が悪いんだ」という罪悪感を植え付けられてきた人も多いですね。

何でも自分のせいにするから相手を責められない。

我慢しきれなくなって爆発することもありますが、相手を責めたとしても責めてしまった自分をまた責める。

結局は自分を責め続けることになるのです。

私も自分を責める傾向がありますので、自分のことを棚に上げて相手を責められる人はすごいなと思います。

まずは嫌な気持ちを感じるところから

人に対して嫌だと感じるのは大切

抑圧され過ぎて嫌な気持ちが感じられなくなると、人に対して嫌だと感じることもなくなります。

周りの人たちが「あの人と一緒に仕事するの嫌だ」と声を揃えて言うような人とでも平気でかかわれてしまう。

気分屋で自己中心的、自分のことをないがしろにするような相手を嫌だと感じる人は多いでしょう。

嫌だと感じるからなるべく避けようとするし、自分にとって大切な人との時間を優先します。

まず,自分がどのような人物に嫌悪を感じるのかを知ることによって,自分が何を大切にしているのか,自分が現段階でつきあえる人の範囲など,自分のことについてより深く気づく機会を得ることができるだろう。嫌悪感情がなければ,嫌いであることがわからず,それらを考える機会も得られないかもしれない。

引用元:組織や集団内における対人嫌悪「イヤとキライ」の心理学、2016、機関誌「心理学ワールド」74号

もし、相手のことが嫌だと気付けなかったとすれば、嫌な相手とかかわり続けることになり、どんどん我慢することが増えていく。

本当にかかわりたい人とかかわることができず、満たされない苦痛な人付き合いを耐え忍ぶだけの人生になってしまうのです。

抑え込んだ感情は無意識レベルだから気付けない

感情を抑圧する習慣を長く続けてきた人は、カウンセリングを受け続けてやっと本音に気付けるというのが実情です。

日記を書き続けて自分の感情や本音に目を向ける習慣をつけたとしても、無意識に抑え込んだり見ないようにしているから自分だけではなかなか気付けないんですよね。

自分の本音を簡単に抑え込んだり誤魔化したりするのはやめてください。

そんなことをするから人とのかかわりが嫌になってくるのです。

緊張して普通に話せなくなったり、急にキレてしまったりするのは、抑え込まれた本音の悲鳴みたいなものだと私は思っています。

感情を抑え込んで人に合わせてばかりの人生、その先にいったい何があるのでしょうか?

感情の抑圧をやめたいならまず日々の中に埋もれた自分の嫌な気持ちを探そうとすることから始めていただければと思います。

頭と心のバランスを整えることが大切

アダルトチルドレンの人は、頭で考えることはすごくやっているのに、心で感じることはほとんどやっていません。

「こうしなければならない」

「これはやっちゃいけない」

「これはこうに違いない」

と頭で考えることばかりしているのです。

頭で考えてばかりいると純粋にその場を楽しむことができず、先の不安過去の後悔にとらわれがちになります。

過去や未来を考える能力は他の動物にはない人間らしい能力ではあるのですが、本来の動物的なその場を生きる感覚を失ったままの状態は異常です。

その異常が莫大なストレスを生み出して、自覚のないまま対人恐怖の症状が出たり、何もやる気がおこらないうつの状態になってしまうのです。

「頭で考える」と「心で感じる」の違い

「頭で考える」というのは思考。

試験の問題を解いたり、仕事の効率化を図ったりするときにやっています。

頭で考えるのは、やったほうがいいこと、やらないといけないこと、やってはいけないこと。

小さい頃によく親や先生から言われていたことを思い出すとわかりやすいかもしれませんね。

意味があるかどうか、正しいか間違っているか、理にかなっているかどうかといった判断をするときは頭で考えています。

対して、「心で感じる」というのは感情。

嫌悪、快感、好き、嫌い、不安、恐怖、喜び、楽しみ、悲しみ、怒り、感謝…

試験で高得点が取れて喜んだり、客先でプレゼンをすることに不安を感じたり。

心で感じるとやりたい、やりたくないが出てきます。

欲望という感情がある通り、欲求ともつながっているのです。

人間が幸せに生きていく上で本当に大切なのは頭ではなく「心」

世間一般においては感情的な人間より、落ち着いた理性的な人間の方が評価されます。

自分の感情や欲求よりも他人のためにと考えて動く人の方が、社会という集団の中では都合がいいからです。

たしかに、それを一切しない自分の心のまま、欲求のままに動く人間は集団から排除されやすいですが、だからといって、理性的に自分の心を押し殺し続けると自分が壊れます。

日本人はとくに協調性を大事にするところがあるため、どうしても頭で考えて周りに合わせようとしがちになりますが、それをやればやるほど自分の心が押し殺されていることに気付いてください。

本来、人間も動物ですから、何でも心のままにやれたらストレスなんて感じず幸せに過ごせます。

心のままに生きたいという本音があるけど、社会生活を営む上で仕方なく合わせるというのが本来の自然な形なのです。

人間は頭で心をごまかすことができるから勘違いから抜け出せない

人間は自分の本心を偽ってあたかも本心であるかのように自分に思い込ませる能力を持っています。

全然楽しくないのに楽しいふりをしてみたり、面白くないのにウケているふりをしてみたり、悲しいのに悲しくないふりをしてみたり、イライラしたのに気にしていないふりをしてみたり、好きなのに気のないふりをしてみたり…

繰り返しているうちに頭で考えてやっていたことが自分の本心だと勘違いするようになってしまうんですよね。

しかし、あくまでも勘違いでしかありませんので、本心とのギャップが無自覚のストレスとなって、対人恐怖症などの症状を引き起こします。

本人からすればちゃんと本音でやりたいこともできてて順調で…と思い込んでいるために、「この症状さえなければ」という短絡的な思考まで引き起こすのです。

どうすれば頭と心のバランスを整えることができるのか?

まず、頭にごまかされている自分の本心に気付くことが必要となりますが、正直自分一人でやるのは非常に難しいです。

無意識に自分の頭でごまかしていることに気付くなんてほぼ不可能な話ですからね。

ここに関してはカウンセラーという第三者に話をして、自覚できるようにサポートしてもらう必要があります。

自分の本心が自覚できるようになるにつれて、心で感じることが増えて感情表現が豊かになっていきます。

心で感じることが増えてくると頭で考えることが減ってきますので、バランスが整ってくるのです。

頭と心のバランスが整ってくると、自然と自分が話したいことが浮かんできてリズム良く話したり、相手の話も興味を持って聞くことができるようになります。さらに、自分が本当にやりたいことに気付けるようになるため、やりたいことをやったり、できないとしてもやろうと努力したりと、前向きに自分の人生を楽しめるようになっていきます。

社会生活を営む以上、心のままに生きることはできませんが、頭で考え過ぎて心を抑え込むのは違うということに気付いていただければと思います。