自分の悪口を言われている気がするのは何かの病気?

自分の悪口を言われている気がするのは何かの病気?

職場で同僚が集まって談笑しているとき、学校で同級生が二人でヒソヒソと話しているとき、電車で近くの学生同士が話をしているとき等、自分の悪口を言ってるんじゃないかと思ってしまう。

たぶん自分のことではないだろうと思うのにどうしても「自分の悪口を言っているのでは」と考えてしまう。

事実であろうがなかろうが悪口を言われていると感じるのはしんどいですよね。

「これって病気なの?」と思って悩む人もいるようですが、病気というより物事の捉え方に問題がある状態だと言えます。

なぜ悪口を言われていると思ってしまうのか

同僚が集まって話しているときにたまたま自分がいる方向をチラッと見て笑ったとしても自分の悪口を言っているかどうかはわかりません。

近くで話していた人同士が会話の中で「キモイ」と言ったとしても自分のことかどうかはわかりません。

確かに、可能性としてゼロではないでしょうが100%でもありません。

にもかかわらず、自分の悪口を言っているんじゃないかという妄想が頭から離れない。

なぜ他人の会話を自分のことと結び付けてしまうのでしょうか?

自分が自分に対して悪い評価をしているから

まず自分が自分のことを良く思っていないからという原因が考えられます。

もし、自分が格好良くて頭も良くて性格も良くて誰からも好かれる人間だと思っていたとすれば、誰かが自分の方を向いて話していたら「おっ!また俺のこと噂してるな」とポジティブに捉えるはずです。

それが自分は不細工で頭も悪くて性格が悪くて誰にも好かれない人間だと思っていたらどうでしょう?

「またキモイって言われたのかな…」といった感じでどうしてもネガティブに捉えてしまいますよね。

他人の目を気にしているから

「人からどう見られるか、どう思われるか」を気にしていると、どうしても他人の行動が気になります。

周りを意識している状態だから自分の方をチラッと見て話し始める人を見て「自分のことを話してるんじゃないか」と妙に勘ぐってしまうのです。

他人の目を気にしていなければ自分の方を見て話す人を気にすることはありませんし、そもそもそういう人がいることにすら気付かないかもしれませんよね。

以上のことから他人の目を気にする自意識過剰の状態になっていることも原因だと考えられます。

客観視する力を失っているから

客観視する力とは、第三者の目線でそのままの現実を見る力です。

悪口を言われているんじゃないかと思うかどうかは本人の主観ですから、そう思う機会が増えれば増えるほど主観で考えることが増えて客観視する力を失っていきます。

主観的になるということは「自分の基準」で見ることになりますから、ダメな人間だ、人から嫌われる人間だと自分が思っている場合、相手も同じように思っているに違いないと考えるようになるのです。

さらに、人の悪口を言わない状態になっている場合、悪口を言う自分が隠れたところで増幅しているため、相手が悪口を言っているに違いないと感じてしまう投影も影響しています。

悪口を言われていると思ってしまう状態を改善するために

自信を付けることと客観視する力を高めていくことが大切です。

自信があれば何か自分のことを言われていると思ったとしても悪口を言われているとは考えなくなります。

さらに、客観視することまでできるようになれば、もし「自分の悪口を言ってるかも」と思ったとしても「いや、そんなことないだろ」とキッパリ否定できるようになるので悪口を言われたかどうかで悩むことがなくなりますよね。

自信も客観視する力も付けていく上で大切なのは人とのかかわりです。

人との関係性を深めていくことで人に対する信頼感を得ることもできますし、十人十色の考えや価値観に触れることで広い視野で物事を見られるようにもなりますから。

他人の目が異常に気になるという場合、対人恐怖症の可能性もありますので人間関係に支障をきたす前に解決に向けて動いていただければと思います。

※ニュースキャスターが自分のことを話しているに違いない、誰かが自分を殺そうとしているに違いないといったありえないレベルの妄想にまで発展している場合は統合失調症の可能性も考えられます。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ