赤の他人でもなく家族や親友のような親しい関係でもない、近所の人や職場で一緒に働く人のような知り合いに苦手意識を持つ人は多いです。

出先でたまたま知り合いに出くわしたらどうしようとビクビク。

知り合いを見つけたら出会わないように避けたり、隠れたりしています。

挨拶はしないといけないけど挨拶だけじゃそっけない気もするし…

知り合いとどう接したらいいかがわからず困ってしまうのです。

知り合いに会うのが怖いという悩みは、都会よりも田舎の人が抱えやすい傾向が見られます。

なぜ、知り合いが苦手になってしまうのでしょうか?

臨床経験を重なてきた中で考えうる原因を挙げていきます。

知り合いに会うのが怖いのはなぜ?

中途半端な関係であるがゆえどう接していいかわからない

店員さんのように赤の他人ならわざわざ話す必要もないし、用件を済ませるために最低限の会話だけすればいい。

家族や親友なら話したいときに話して、聞きたいことがあったら聞いて、必要に応じて相手の話を聞いてお互いにやりたいことをやればいい。

でも、知り合いと接するときはどうすればいいかよくわからない。

ほとんど話さない職場の同僚とショッピングモールで出くわしたら挨拶だけでいいのか。

それとも、少しは立ち止まって雑談をしないといけないのか。

知り合いだからある程度親しげに話すのが普通なのか。

会ったときにどう接したらいいかわからないから怖いというのはあります。

相手と自分が感じている距離感にギャップがある

人に良く思われたい、嫌われたくないという思いが強い人ほど、人前で本当の自分を出さないようにしています。

本当の自分を出すと嫌われると無意識に思っているからなんですよね。

とくに田舎では絶対的な力を持つ「世間体」があるため、世間様にどう思われるかを意識しやすくなってしまう。

初対面であれば相手に合わせた表面上のコミュニケーションで本当の自分を隠したまま付き合うことができます。

しかし、2回、3回と会う回数が増えていく毎に本当の自分がばれる危険性が高まってしまうため、本来縮まっていくはずの距離感が縮まらない。

相手は知り合いだからと親しみを感じているのに自分には親しみがない状態になっています。

お互いの距離感に大きなギャップがあることで温度差が生じて話しづらくなるのです。

相手のことを客観的に見れていない

自分の考えに固執して他人の考えをシャットアウトしてしまう状態になっていると、どんどん考えの視野は狭くなり、相手の立場や状況を客観的に見れなくなります。

相手が自分のことを嫌っていないのに嫌われていると思い込んだり、相手が自分のことを好いてくれているのに好意を持っていないと思い込んだり、逆に、相手は何とも思っていないのに好意を持っていると勝手に思い込んだり…

このようなズレが相手との関係を気付かないうちに崩していくため、なぜかわからないまま上手く関係が築けなくなって苦手だと感じるようになるのです。

普段から会話をする機会が少なく、ストレスを抱えやすい状態である場合、脳の働きが弱っていることによる影響も考えられます。

どこまでの関係を築きたいかを自分がわかっていない

例えば、職場の人とプライベートでも遊びに行ける関係になりたいなら、ある程度自己開示して相手に歩み寄る必要があります。

逆に、職場は職場、プライベートはプライベートと割り切って、職場ではその場限りのコミュニケーションが取れればいいと思うなら、あまり自己開示する必要はありません。

しかし、どこまでの関係を相手と築きたいか自分がわかっていない状態であれば、どういう接し方をしていいのかがよくわからいため、関係を築いていく段階でうまくいかず苦手だと感じるようになるのです。

人によっては100人中100人誰とでも仲良くなりたいという非現実的な願望を抱いているケースもあり、そういう場合は現実に可能な落としどころを探していくことからになります。

知り合いに会うのを恐れながらの生活はつらい

赤の他人でもなく家族や親友のような親しい関係でもなくという中途半端な関係は、職場や学校でいくらでもあります。

人見知りがひどくて初対面が異常に苦手だという人は初対面さえ乗り切ればなんとかなりますが、知り合いが苦手な人は中途半端な関係において継続的な苦しみを抱えることになります。

結果、仕事を続けることができず職を転々としたり、相手が好意を持ってくれても自分からその関係を絶ってしまったり、人とかかわる様々な場面で支障をきたすようになるのです。

知り合い遭遇恐怖症で悩んいる方からのご相談は一定数あり、カウンセリングを受けることで改善できます。

知り合いに会うことを恐れながらのしんどい生活はもう終わりにしましょう。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら