風俗はサービスとして強烈な快感を与えてくれます。

かといって、利用した人全員がハマるわけではありません。

よく女性経験がない人、真面目な人が風俗にハマりやすいと言われますよね。

たしかに女性と付き合ったことがない、付き合った女性が妻だけの人が風俗にハマりやすいのはあります。

しかし、女性経験がない人が全員ハマるわけでもないし、女性経験があってもハマる人はハマる。

「性欲が強いから」といった単純な話でもありません。

なぜ風俗にハマってしまうのでしょうか?

男性が風俗にハマる理由

お金さえ払えば性的なサービスが受けられるという仕組み

まず考えられるのは風俗店の仕組みです。

本来、女性と性的なことをするならコミュニケーションをとって相手をその気にさせないといけません。

結婚していたとしても妻の合意がなけれなければSEXすることはできないのです。

それに対して風俗はコミュニケーションをとって相手をその気にさせる必要がない。

お金さえ払えば相手はその気になってくれますからね。(演技、あくまでもサービスとしてですが)

彼女がいないなら女性とかかわってコミュニケーションをとってアプローチしていって告白してオッケーもらって…

こういう過程をすっ飛ばして好みの女性と性的なことが楽しめる。

一方的なコミュニケーションで努力しなくてもいいというラクさが風俗にハマる要因になっています。

「面倒くさい」が口癖の依存体質

そして、次に考えられるのが個人の問題。

風俗にハマる人は惰性的で何かに依存してしまう体質を持っています。

普段から自分のことをコントロールする習慣がないから他の人に比べて自分の衝動をコントロールする力が弱い。

弱いから欲に流されて風俗にハマりやすいわけです。

面倒くさいことは後回しにして期限ギリギリまでやらなかったり、揉め事になりそうな時は見ないふりをしたり、親や妻(彼女)にやってもらえるとなれば丸投げしたり、計画を立てることが苦手だからその場その場の思いつきで行動することばかり、休みの日はダラダラと無計画に過ごしたり…

こういった習慣は幼少期からの親子関係などによって形成され、現在に至るまで継続されているため性格の一部のようになっています。

個々に見れば表面的には問題を起こしていないものばかりですが、複数が習慣として継続されることによって風俗通いが止められない依存体質を形成してしまうのです。

風俗にハマりすぎて依存症かもと思ったら

風俗はプロがお店のサービスとして提供してくれるところであって犯罪ではありません。

たとえハマっていても自己責任で楽しめばいいと思います。

ただ、借金をしてしまうとか、結婚しているとか、家族に迷惑や心配をかけているとかであれば、頻度を減らすなりやめるなりは必要です。

迷惑を掛けてはいないけど、風俗を利用しすぎてお金が貯まらず困っている。

本当にやりたいことに時間とお金を使えず困っている人もいます。

依存症に該当するから改善しないといけないではなく、風俗にハマっている現状を変えたいのなら改善したほうがいいでしょう。

カウンセリングでは、風俗にハマった経緯や現在の状況をお話しいただき、掘り下げていくことで原因を解明していきます。

風俗通いがやめたくてもやめられないのは、無意識に求めてしまっているからだと気付く。

具体的なアドバイスを受けながら原因を解消していくことによって、風俗に通う必要がない状態になれるのです。

⇒「風俗通いをやめたい!」風俗依存症を克服するカウンセリング