風俗はサービスとして強烈な快感を与えてくれます。かといって、利用した人全員がハマるわけではありません。

よく女性経験がない人、真面目な人が風俗にハマりやすいと言われますよね。

たしかに女性と付き合ったことがない、付き合った女性が妻だけの人が風俗にハマりやすいのはあります。

しかし、女性経験がない人が全員ハマるわけでもないし、女性経験があってもハマる人はハマる。「性欲が強いから」といった単純な話でもありません。

なぜ風俗にハマってしまうのでしょうか?

そもそも男性が風俗にハマりやすい理由とは?

お金を払うだけで女性と関係を持てる

本来、女性と性的なことをしたいなら応じてもらえる関係を築く必要があります。結婚していたとしても妻の合意がなければSEXできませんからね。

それに対して風俗はお金さえ払えば女性と性的な関係が持てる。

女性とかかわってアプローチして…という過程をすっ飛ばして好みの女性と性的なことが楽しめるわけです。

予約の電話がハードルになる人もいましたが、最近はインターネットでの予約もできるため、より気軽に利用できるようになっています。

思い通りに自分の性欲が満たせる

好みの女性を自分が選べて、サービスもしてほしいことを希望できる。気に入ったら指名し続けるも良し、いろんな女性と関係を持つのも良し。

基本的には嫌な顔せず受け入れてくれるし、もし不満があれば別の子にすればいいだけ。同じ店が気まずいなら違う店に行けばいい。

特殊な性癖にも応じてくれるから満足できる。彼女や妻には言えない性癖を風俗で満たすのもよくありますね。

自分の思い通りに性欲を満たしたいのであれば、彼女や妻より風俗の方が良いわけです。

嫌な思いをせず快感だけ得られる

付き合う、結婚とかもなく、後腐れのない割り切った関係。デート代や一緒に生活した場合にかかるお金を考えてコスパが良いと思う人もいます。

彼女を作る、結婚するとなれば、容姿や性格に妥協しながらも日々嫌なことに耐えてお金までかかる。

風俗ならサービスに対するお金がかかるだけで他は必要ありません。客として利用することで女性に気を遣う必要もありません。

嫌なことや面倒くさいことを排除して性欲を満たしたいから風俗になるわけです。

風俗にハマる男性に見られる傾向

自分の思い通りにしたい気持ちの強さ

風俗にハマる男性は自分の思い通りにしたい気持ちが強いです。

少しでも思い通りにならないことがあれば不機嫌になる。直接相手に怒りをぶつける人もいますが、どちらかと言えば我慢して無口になったり態度に出す人がほとんど。自己中心的で思い通りにしたい気持ちはあるのに言いたいことが言えません。

だから、女性に思いを伝えられなかったり、伝えても上手くいかなかったり、彼女や妻ができても言えないまま我慢していたりする。

風俗はお金さえ払えば自分の思い通りにできます。女性との関係を思い通りにしたいがため風俗にハマるのです。

風俗でのプレイもいかに自分が満たされるかばかりで、相手に対して思いやりが感じられないところがあります。

面倒くさがりな依存体質

風俗にハマる人は惰性的で何かに依存してしまう体質を持っています。

普段から自分のことをコントロールする習慣がないから他の人に比べて自分の衝動をコントロールする力が弱い。弱いから欲に流されて風俗にハマりやすいわけです。

面倒くさいことは後回しにして期限ギリギリまでやらなかったり、揉め事になりそうな時は見ないふりをしたり、親や妻(彼女)にやってもらえるとなれば丸投げしたり、計画を立てることが苦手だからその場その場の思いつきで行動することばかり、休みの日はダラダラと無計画に過ごしたり…

こういった習慣は幼少期からの親子関係などによって形成され、現在に至るまで継続されているため性格の一部のようになっています。

個々に見れば表面的には問題を起こしていないものばかりですが、複数が習慣として継続されることによって風俗通いが止められない依存体質を形成してしまうのです。

風俗にハマりすぎて依存症かもと思ったら

風俗はプロがお店のサービスとして提供してくれるところであって犯罪ではありません。たとえハマっていても自己責任で楽しめばいいと思います。

ただ、借金をしてしまうとか、妻にバレたとか、家族に迷惑や心配をかけているとかであれば、頻度を減らすなりやめるなりは必要です。

迷惑を掛けてはいないけど、風俗を利用しすぎてお金が貯まらず困っている。本当にやりたいことに時間とお金を使えず困っている人もいます。

依存症に該当するから改善しないといけないではなく、風俗にハマっている現状を変えたいのなら改善したほうがいいでしょう。

カウンセリングでは、風俗にハマった経緯や現在の状況をお話しいただき、掘り下げていくことで原因を解明していきます。

風俗通いがやめたくてもやめられないのは、無意識に求めてしまっているからだと気付く。具体的なアドバイスを受けながら原因を解消していくことによって、風俗に通う必要がない状態になれるのです。

⇒「風俗通いをやめるカウンセリング」詳細はこちら