本を読んでも対人恐怖症が克服できない理由

本を読んでも対人恐怖症が克服できない理由

対人恐怖症で悩んでいる方は克服するために本を読むということをよくされています。

解決策が見つかるかもしれないと思って本を読まれるのですが、結果として何も変わらないまま何冊も本を読み漁ることになります。

「読んだときはハッて思うんですけどそのときだけなんです」とおっしゃることが多いのです。

なぜ、本を読んでも読んだときだけで対人恐怖症を克服していくことができないのか?

その理由として

「本を読んで解決しようとしている人が求めている情報がそもそも本に載っていない。」

ということがあるのではないかと思っています。

これは本の内容が悪いと言っているわけではありません。

書店に売っている本はたいていまともな本ばかりです。

しかし、その本はたまたま本を買ったその人ひとりのために書いたものではないのです。

例えば、対人恐怖症を改善するための本であれば、症状を改善したい人全般に対して書いたものになります。視線恐怖症で10年以上悩んでて相手と目を合わせることができない状態に悩んでいるその人の症状を知った上で書いたものではありません。

当たり前の話ですが、そういうことを考え出すと本なんて書くことはできなくなってしまいます。症状なんて人それぞれ何万、何十万、何千万とありますからね。

結局は本で知った内容を自分の症状に当てはめて、「今の自分の状態はこうだからこうしたほうがいいんだな」と紐付けて考えないといけないのです。

にもかかわらず、さも買った本が自分のために書いてくれたものと勘違いしているかのごとく、紐付けないままにそのまま取り入れよう、実践しようと考えてしまいます。

結果として何も行動に移せない、もしくは効果が出ないくらいの行動しか起こせないまま、本を読んで良い内容だと思ったけど何も変わらなかったということになってしまうのです。

本を読んであることに気付いたりひらめいたりしても変わらないのは、自分に落とし込みができていないから。

落とし込みができていないがために具体的にどうすればいいかわからないまま、何も行動に変化が起こっていないことが原因だと言えます。

あと、もう一つの原因として考えられることは、「何かに気付けば克服できるんじゃないか」「何かを知りさえすれば変わるんじゃないか」という淡い期待のもとに本を読んでいるということです。

しかし、よく考えていただければ気付けると思うのですが、気合や根性、気持ちの切り替え、頭で考えてなんとかなるレベルのものならとっくに克服できているはずなんですよね。

本を読んで知識をつければつけるほどにそういう無駄なことを努力しようとしてしまうので、なにも解決にはつながりません。

残念ながら、ラクして克服できる魔法のような方法なんてないのです。

本を読んで克服したいのならちゃんと自分の今の状態、症状と紐付けをする。

対人恐怖症を克服するためには、自分にできることをコツコツと、今まで避けてやらなかったことに逃げずに向き合って少しずつやっていくしかないのです。

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ