過干渉の親が生み出す子供の依存症

過干渉の親が生み出す子供の依存症

最近、高校生、大学生の方のカウンセリングと依存症で悩む親御さんからのご相談対応をさせていただく機会が増えており、その中で直面する親子関係の問題を肌で感じています。

母親が子供に過度に干渉することによって子供が依存症になるケースは非常に多いです。

「あれしなさい」「これしなさい」「あれはできているの?」「準備したの?」「大丈夫?」と干渉をされ続けて育つと、自分で考えることをしないために、自分が何を考えているかすらわからなくなって、人間関係などの問題に直面したときに何かしらの症状が表面化するのです。

私自身、母親に「ちゃんとお礼言わなあかんで」「ありがとう言った?」「あいさつした?」等とよく干渉されていたため、実家にいた頃は自発的に感謝したり挨拶をしたいと思うことがなくなっていました。

親子関係の問題として、無関心、過干渉、過保護などが挙げられますが、とくに過干渉が問題になりやすいかなと思っています。

親が過干渉になってしまう理由

子供のことで感じる不安に耐えかねてしまうことが、大きな理由ではないかと思っています。

時間に間に合わないのではないか、一人でできないのではないか、自分で言えないのではないか…不安を感じれば感じるほど、干渉しないといけないという気持ちが強くなってしまうからです。

子供が自立することで自分が見捨てられるかもしれないという不安を抱えているケースもよくあります。

本来、親の役割は子供を育てるというよりも子供が育つのを見守ることにあるのですが、自分の不安をぬぐいきれないが為に干渉を繰り返してしまう。

そして、「私がいないとこの子はなにもできない」と思うことで、子供によって必要不可欠な自分という存在を確立させてしまうのです。

過干渉が及ぼす子供への悪影響

  • わかってもらえないと思うから自分の本音(感情)を押し殺す
  • 自分の意志を伝えることに罪悪感を感じて自由に表現できなくなる
  • 価値観が育たず自分という存在が確立されない(反抗期がなくなる)
  • 自分の気持ちが理解してもらえないことへの悲しみが募り、諦めが習慣化する
  • 甘えによって自己中心的な傾向が強くなり相手の立場に立つことができなくなる
  • 定職に就けない、就いてもすぐに辞めてしまう

過干渉が依存症を生み出す仕組み

過干渉を繰り返された子供は本当の気持ちを出せなくなります。

面倒くさいことはやりたくない、少しでも楽したい、嫌なことから逃げたい、嫌いな人とは話したくない、好きなことだけやっていたい、自分のペースでやりたい…こういった人間誰しも持っている本音を過干渉によって否定され続けるからです。

本当の気持ちを出せない状態はしんどいので、自分の中にそういう気持ちはないんだと否認して見ないようにする。

否認するからそういう自分の気持ちと向き合わなくなって精神的な成長が止まってしまう。

人付き合い等の現実が上手くいかないことで不安やストレスを抱えてしまい、日常の楽しみも失われていく。

そして、ゲームやネットによる一時的な快感に楽しみを見出すようになり、依存症になってしまうのです。

依存症と言えば、アルコール依存、ギャンブル依存、買い物依存、性依存などがありますが、子供に起こりうる依存症としては、ネット依存、ゲーム依存、テレビ依存、対人依存(対人恐怖症)が多いですね。

依存の反対は自立

過干渉によって子供を依存症にしてしまうという話をしてきましたが、ではどうすれば依存症を回避できるのでしょうか?

そのカギは、親自身の成長にあります。

親が成長して自立した状態になり、不安など自分の感情に惑わされて子供を利用することがなくなれば、過干渉はなくなり子供も自立していくことができるのです。

そのためにまず必要なことは、親が自分の過干渉に気付くこと、そして、なぜ過干渉になってしまうのかという自分の問題と向き合っていくことです。

そして、問題に気付き解決していく決意をした段階から少しずつ過干渉はなくなっていきます。

過干渉は自覚できないから厄介

子供に対して過干渉になっている親は自分が過干渉であることに気付いていません。

そもそも、過干渉の自覚があればやめようとするでしょう。

自覚がないからこそ、無意識に過干渉を続けてしまうのです。

子供から言われても、他人から指摘されても「これは過干渉ではなく子育てにおいて必要な干渉だ」と思い込んで聞き入れないケースも多くあります。

ですので、親自身が過干渉だと自覚するのは限りなく不可能に近いのですが、子供の異変によって間接的に気付くことはできるのではないかと思っています。

  • 自分で決められず何かにつけて確認してくる
  • 自分の意見を言わず何を考えているかよくわからない
  • 同年代の子と比べて幼い印象を受ける
  • 親に反抗することが少なく従うのが当然という感じになっている
  • インターネットの動画を観続けて注意してもやめない
  • たまにキレて物を壊したりすることがある
  • 学校でのコミュニケーションが上手くとれず登校拒否をする
  • 嫌なこと、苦手なことにはチャレンジせず逃げる
  • 対人恐怖症かもしれないと言い出す

こういった傾向がある場合、親がカウンセリングを受ける、もしくは、子供と一緒にカウンセリングを受けながら、過干渉であることに気付くことがまず必要です。

そして、親自身が自分自身の問題と向き合って解決しながら精神的に自立していくことで過干渉をやめることができるのです。

⇒対人恐怖症で悩むお子さんへの接し方に関するご相談はこちらから

対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムを読む

人気記事TOP3

  1. あなたの対人恐怖症度を無料でチェック
  2. 対人恐怖症になる原因と症状
  3. 対人恐怖症とは?

⇒対人恐怖症専門のカウンセリング詳細はこちら

このページの先頭へ