上手く話せず言葉が出ないことに悩む女性

人と話すとき「自分がこう考えている、こう思っている」といったことが上手く言葉にできない。

自分が考え、思っていることを上手く表現することができず言葉が出てこない。

頭ではわかっているのに上手く話すことができないんですよね。

脳の病気か何かと思う人もいますが、対人恐怖症の一種である雑談恐怖症の症状によるものがほとんど。

リラックスできているとき、例えば気を遣わない家族や親友と普通に話せるなら間違いないでしょう。

なぜ頭で考えてることが言葉にできないのか、どうすれば普通に話せるようになるかをお伝えしていきます。

頭に浮かんでいることが話せなくなる原因

相手に気を遣いすぎている

頭に浮かんでいる言葉が出てこないのは、相手に気を遣いすぎているから。

周りから「そんなに気を遣わなくていいよ」と言われている人が多いんです。

「この言い方で大丈夫かな」「こんなこと言ったらおかしいと思われるかも」等と余計なことを考えるから素直に言葉が出ない。

仕事中であれば相手が忙しいんじゃないかと気にし過ぎて話しかけるタイミングを逃すことも多々。

「自分が話したい、話さないといけない」という気持ちより、「相手にどう思われるか、相手がどう思うか」が上回ってしまっているんですよね。

気を遣う度合いが強い人になれば、発言だけでなくあいづちの仕方や表情まで相手にどう見られるかが気になっています。

相手の態度を観察して反応しすぎ

相手のリアクションが小さい、ということは自分の話が面白くないってこと?

ソワソワしている、ということは早く切り上げてほしいと思っている?

相手が頻繁に時計を見て席を立とうとしているのに気付けなかったら問題かもしれませんが、ちょっと反応が薄いとか、ソワソワしているように見えるとかにまで反応していたら大変です。

細かい仕草と自分の会話を結び付けてネガティブに考えてしまう。

自分の面白くない話を聞かせることに申し訳なさを感じながら、早く切り上げないとと簡潔に必要事項だけ言おうとしたらめちゃくちゃ話しづらいですよね。

相手の反応が好ましいものでなくても話していたら相手が乗ってくることなんていくらでもあります。

にもかかわらず、相手の反応にビクビクしてあれこれ余計なことを考えるから上手く言葉が出ない状態になってしまうのです。

固定観念に縛られている

  • 相手に失礼なことを言ってはいけない
  • わかりやすく説明しなければならない
  • お客様には敬語をキッチリ使わないといけない

こんなことを生真面目に考えていると、話すときに変な気負いが出てきます。

気負いは力み、緊張につながるため、会話する上で重要な役割を担う脳の働きが低下して、頭の中に浮かんでいたはずの言葉が消えて話せなくなる。

自分で設定した高いハードルを越えないといけないので、話せる内容も極端に減ってしまうわけです。

周りからは「もっと普通に話したらいいのに」と言われることもありますが、ほぼ無意識でやっていることなので問題だと気付けないまま放置しています。

無意識レベルで定着している固定観念を知るのはなかなか難しいですからね。

失敗経験によるプレッシャー

上手く話せなかったという失敗経験を何度も繰り返すことで、また失敗したらどうしようという予期不安が高まります。

失敗したとき誰かに指摘されたなんてことがあるとより一層不安が高まって大変です。

「今度は上手く喋らないといけない」「相手に伝わるように話さないといけない」等と自分にプレッシャーをかけてしまい、余計に緊張して上手く話せなかったという結果になる。

そして、また「今度こそは」と思って挑むのですが、さらに緊張して上手く話せないという悪循環を繰り返す。

失敗を繰り返す中でどんどん自信が失われて上手く話すことが困難になっていくのです。

そもそも失敗に対する捉え方が問題になっているところも大いにあります。

どうすれば普通に話せるようになるのか?

自分の考えを言葉にする習慣を作る

頭で考えてることが上手く話せない人は、普段から自分の考えを口に出さない傾向が見られます。

いつも頭の中だけで考えている状態でいざ話すとなっても、どの言葉で表現すればいいかパッと出てこないのは当然です。

人間は話すとき脳内にちりばめられた情報を統合する作業をしています。

統合するのが上手い人ほど言葉が出やすく、逆に下手な人ほど言葉が出にくい。

しゃべる機会が少ない人ほど統合する回数も減ってしまうため、必然的に統合するのが下手になってしまうわけです。

まずは普段から頭の中で考えていることを言葉にする習慣をつけましょう。

ニュースを見て思うこと、家族に対して思うこと、欲しい物について考えていること…何かしら考えていることはありますよね?

紙に書くでも話せる人に話すでもぬいぐるみに話すでもかまいません。

脳内に散らばった情報を統合する力が高まって話しやすくなります。

不安や恐怖を抱えられるようにしていく

普段から感情を表に出さないようにしていると蓄積されていきます。

人はそれぞれ心の中に感情を抱えるための器を持っているのですが、感情をため込んでいる人は器の中にほとんど空きがありません。

ほとんど空きがない器の中に不安や恐怖が入ってくるとどうなるでしょう?

当然のごとくあふれ出してしまうわけです。

あふれ出した感情に飲まれているから考えていたはずの言葉が出ない、話せないとなってしまう。

だから、感情を溜め込まないようにすることが大切なんですよね。

まずは自分がどういう感情を感じているか、日々の感情の動きに焦点を当てて過ごしてみてください。

そして、話せる人がいるなら聞いてもらう、いないなら紙に書き出すか独り言でしゃべる。

誰にも話せないし紙に書いてもスッキリしないという場合は、カウンセリングを受けるのも一つの方法です。

会話での成功体験を積む

「普通に話せた」という成功体験は大きな自信になります。

ただ、今の状態でいきなりやろうとすれば、逆に失敗して自信を失ってしまうでしょう。

まずは成功しやすい状態を作るために、自分を知ることからやっていきます。

他人の目を結構気にしているなとか、固定観念に縛られてるなとか。

劇的にコミュニケーション能力を高めることはできませんが、自分を知れば知るほど言葉が出やすい状態になっていきます。

そして、人との会話で繰り返す成功体験が失敗経験を塗り替えていくので、頭で考えたことが上手く話せる状態になるのです。

ただ、「人にどう思われているか」を気にする度合いが強かったり、固定観念が強すぎる場合は難しいかもしれません。

試してみたけどあまり効果を感じられなかった人は、自覚できないところに問題があると思われますので、カウンセリングで気付けるようにサポートいたします。

⇒人と普通に話せない対人恐怖症を克服するカウンセリング