人に自分の弱みを見せられない人は、見つからないよう必死に隠しています。

打たれ弱い、口下手、気が短い、ノリが悪い、友達がいない、彼女がいない、結婚していない、子供がいない、正社員じゃない、働いていない、勉強ができない…

人によってどこを弱みと感じているかは変わりますが、こういった弱み(コンプレックス)を絶対に見せたくないのです。

「あれっ?もしかして…」

なんて、ひた隠しにしていることに気付かれたらもう耐えられない苦痛でしょう。

弱みを見せたくないのは恥をかきたくないからという理由もありますが、根底では弱みを知られることで嫌われるのでは、受け入れてもらえないのではという恐怖に怯えているのです。

人に弱みを見せられないことで起こる問題

なぜか人の目が気になる

弱みを見せないように隠していると「バレたらどうしよう」という不安が出てくるのですが、隠している自覚がない場合は不安だけが出てきます。

「なぜ人の目がこんなにも気になるんだろう」と思って、原因を考えてみてもわからない。

自分では気付かないうちに弱みを見ないように、ないものにしているのです。

でも、実際に弱みのない人間なんていないわけですから、他人から見ると不思議な人になります。

あの人はなぜか愚痴を全然言わない、不満も漏らさない、弱音を吐かない、なんか変だなと思われる。

だから、周りから「何を考えているかわからない」「本音で話してよ」と言われたりします。

弱みを見せないことが習慣化していると、なぜか人の目が気になってしまう状態になるのです。

対人恐怖症を発症する可能性も

何気ないことでも隠したら「隠したということは重要なことだ」という認識になります。

そして、隠したことがバレたらどうしようと意識する。

別に犯罪を犯したわけでもないのに、些細なことが犯罪と同じレベルのことに思えることだってあります。

バレないかどうかを心配しすぎて周りの目にも過敏になっていく。

隠しているから言わない、言ったら相手がどういう反応をするかわからないまま。

にもかかわらず、「もし言ったら変に思われる、嫌われる」と決めつけてひた隠しに。

どんどん勝手な決めつけを強化して、対人恐怖症を発症する可能性もあるのです。

対人恐怖症かどうか気になる方は以下のリンク先にてチェックしてみてください。

人との関係を深めることができない

弱音を吐かない、相談しない、自分で解決する。

弱みを見せないから助けようとしてくれる人もなかなか出てきません。

逆に頼られて余計にしんどくなっていくだけ。

これだけでも十分問題と言えますが、さらに人との関係が深まらない問題まで出てきてしまうのです。

人は信頼関係を築いていく上でお互いに適度な自己開示をしています。

当然自分の悩みを打ち明けたり相談したりはつきもの。

なのに、相手の相談に乗ることはあっても自分の相談は一切しない、まったく悩んだ話をしないとなればどうなるでしょう?

相談役として頼られることはあっても、本当に心が触れ合う仲良しにはなれませんよね。

良い人、すごい人と思われやすいですが、どこか距離を感じる寂しい関係になってしまうのです。

そもそも弱みを見せられなくなったのはなぜ?

弱みを受け入れてもらえなかった親子関係

赤ちゃんの頃は誰しも弱みを見せていました。

自分ができないことは泣いたりして親にやってもらうのが当たり前だったわけです。

それが妹や弟ができて親に甘えられなくなったり、親に心配をかけないようにと考えるようになったり…

親子関係の中で弱みが見せられなくなった、甘えられなくなったのは影響しています。

また、弱みを見せたのに受け止めてもらえず、からかわれたり他人と比較して否定されたり、「甘えるな」と怒られたりした経験も大きいですね。

嫌な目に遭うくらいなら見せないほうがいいとなりますから。

弱みを見せない自分なら受け入れてもらえる。

でも、弱みを見せる自分は受け入れてもらえない。

受け入れてくれないと思うから見せられなくなったのです。

「弱みを見せるのは格好悪いことだ」と誰かに教え込まれたとか、弱みを見せない親の姿に影響されて見せなくなったという可能性も考えられます。

安心感がないから強がる

弱みを見せられない、頑なになる、常に格好をつけてしまうのは安心感がないから。

まるで断崖絶壁の崖に追い込まれながら生きているような感覚なのです。

もし、強がっている踏ん張りをやめたら後ろには何もないとなれば、これほど怖いことはありませんよね?

安心できないから人と接するときは常に構えている。

いつもどこかしら不安で落ち着けない感じがあるから一緒にいて居心地が悪い。

どこか壁を感じて表面的な付き合いになってしまいます。

弱みを見せられる人には安心感という後ろ盾があるから一緒にいて居心地がいいんですよね。

「頑固だね」「プライド高いよね」と言われた経験がある人は以下の記事も参考にしてみてください。

弱みをさらけ出せる人間は強い

弱みを見せないように隠している人は本音で話ができません。

本音を話すことによってバレる危険性が高まるわけですから、そんなことするはずないですよね。

だから、バレそうになると急に怒り出したり、正当化したり、意固地になって否定したりします。

自分でも自分の弱みが受け入れられなくなっているのです。

対して、弱みをさらけ出せる人は、自分の弱みに関して何か言われたとしても受け止めることができるため、ダメージを受けることがほとんどありません。

その弱みが原因で現実的に問題が起こっているなら改善しようとしますし、必要に応じて誰かに助けを求めます。

もし、そうでなかったとしても一つの意見として受け止めることができます。

ちゃんと自分の弱みを理解して、自分の一部として受け入れているからこそ、さらけ出すことができるのです。

⇒人に弱みを見せられない対人恐怖症を克服するカウンセリング