表情恐怖症とは、自分の表情が相手に嫌な思いをさせてしまうのではないかと過剰に意識して、無理やり笑顔を作ることで顔が引きつったりして悩む症状です。

人間の表情は本来、嬉しいとか悲しいといった感情に基づいて自然と変わるものですが、それを無理やりコントロールしようとすることで不自然さが生まれます。

不自然さが生まれることで相手にぎこちなさが伝わって、相手の反応が変わります。その反応を見てさらに「自分の表情がおかしいせいだ」と紐付けてまた無理やり表情をコントロールしようとする。

この悪循環を繰り返してどんどん悪化していくのが特徴です。

表情恐怖症は加害者意識による罪悪感に苦しむ

自分の表情がこわばることで相手に嫌な思いをさせているのではないか。

せっかくの和やかな雰囲気を自分の引きつった笑顔でぶち壊してしまうんじゃないか。

表情恐怖症で悩んでいる人は自分の表情が何かしら他人に迷惑を掛けることに悩んでいます。

加害者意識は,表情・態度恐怖者と自己視線恐怖者において強く意識されるのが常である。彼らは自己のこわばった不自然な表情・態度あるいは自己の異様に強い視線が周囲の人びとに居心地の悪い思いや射すくめるような威圧感を与えていることに罪悪感をもっており,したがって劣等感と罪悪感という二重の悩みを訴えることがある。

引用元:対人恐怖症、2000、富山大学保健管理センター

実際は表情というよりコミュニケーションに問題があり、ものすごく受身で自分のことを全然話さない人が多い。

他人のことに関心がないから相手も興味を持ってくれず会話が弾まない。

嫌われているんじゃないかと思うのが自分の表情のせいだとなって加害性を信じ込むわけです。

笑顔が好かれる?

よくコミュニケーションの本などで「口角を上げましょう」「笑顔で挨拶しましょう」なんて書いてますが、絶対に笑顔の方が良いのでしょうか?

確かに、自然に素敵な笑顔ができる人もいますので、そういう人はそれでいいでしょう。少しの心がけでみるみる周りの反応が好転するでしょう。

でも、あんまり笑顔が得意じゃない人、素敵な笑顔ができない人もいます。たぶん、日本人の多く(とくに男性)はできないものです。

基本的に無表情ではたから見ると少し怖い感じ、でも、話してみると時々笑ったりもする。

表情恐怖症で悩んでいる方は後者であるにもかかわらず、前者であるかのように振舞おうと無理をするからおかしくなるのです。

表情恐怖症を克服するために

まずは、カウンセリングを受けるなりして考え方の視野を広げて自覚できていない問題に気づくこと。

そして、無理やり笑顔を作る習慣を少しずつやめていくことが克服への鍵となります。

笑顔を作ってしまう、表情を意識してしまう背景には他人への過剰な意識があり、「相手にどう思われるか、どう見られるか」ばかり考えていることが根本的な問題です。

愛想の良くないありのままの自分でも受け入れてもらえると思えるようになれば、無理して笑顔を作ろうとすることはなくなっていきます。

他人の目を気にしすぎず表情を作らない自分でも大丈夫と思えるようカウンセリングでサポートしております。

カウンセリング料金

60分 … 10,000円(税込)

90分 … 13,000円(税込)※対面のみ選択可

■カウンセリングは対面だけでなく電話、Skype、LINEでの対応も可能です。

■掲載している料金以外の金額を別途請求することはありません。

■次の予約に支障をきたすため当日の時間延長は基本的にお受けしておりませんが、ご希望の場合のみ10分毎1,000円で対応いたします。

■料金のお支払方法は予約時の自動返信メールもしくは料金ページに記載しております。(銀行振込orクレジットカード払)

カウンセリングを受けるまでの流れ

  1. 予約フォームに必要事項を入力して送信
  2. メールにて予約日時の調整
  3. 料金のお支払(対面の場合は現地にて現金払も可)
  4. 予約日時にカウンセリングを受ける

カウンセリングルーム概要

大阪市天王寺区悲田院町8-26 天王寺センターハイツ802(JR 天王寺駅から 徒歩3分)

営業時間 … 10:00~22:00(土、日、祝日も営業中、時間外の予約対応可)

対人恐怖症専門カウンセリング申込みボタン

※カウンセリングは自発的な意志によって効果を発揮するため継続の強要や引止めは一切おこなっておりません。