「人と話すのが怖い」「人が怖い」と言う方がおられますが、なぜ人を怖いと思うのでしょうか?

人間はおばけのように実体がわからないものに対して恐怖を抱く傾向があります。

人とのかかわりを避けてきた人はあまり人のことがわからないから怖いというのもあるでしょう。

また、「何かされるのではないか」と思うことも怖さにつながります。

例えば、自分の視線が相手に迷惑を掛けていると思っている人は、相手が迷惑に感じているから「何か言われるかもしれない」「何かされるかもしれない」と思いやすい。

過去にいじめられた経験がある人は「またいじめられるかもしれない」という怖さを感じやすくなります。

今の自分なら大丈夫と思える状態になった人は別として「いじめられたらどうしようもない」という感覚のままなら怖くて仕方ないですよね。

パッと思いつくことをいくつか挙げてみましたが、ここからはもっと深いところにある原因をお伝えしていきます。

壊れかけた世間が人と話すことへの怖さを生み出している

まずは日本人が根底に抱えている人と話すことへの怖さから。

昔の日本は村社会で「世間」が絶対的な力を持っていました。

村単位で農家の人たちが助け合うことで生活できていたわけですからね。

世間に従わないことはご法度であり、従わない人は村八分という極端な仲間はずれをされていました。

村八分にされると火事と葬式以外は誰も協力してくれない孤立状態になるから生きていけない。

つまり、生きていく上で世間に従うことは絶対だったわけです。

年配の方や田舎の人たちがよく口にする世間体はここからきています。

世間体を気にして生活することが自分の生死にかかわるほど重要という感覚なんですよね。

絶対的な力を持つ世間でしたが、明治維新で西洋の「個人と社会」という概念が取り入れられたところから壊れていきます。

しかし、アメリカのようにキリスト教が根付いているわけでもなく、多神教である日本は個人と社会が定着しないまま世間にすがる形となりました。

年功序列や終身雇用制度の崩壊で世間はどんどん壊れているのですが、田舎や学校といった集団を中心に世間が根強く残っているからややこしいわけです。

時代の流れは「個人と社会」のはずなのに、実態としては「世間」がまだまだ残っている。

壊れかけた世間は今の時代でいうところの「空気」です。

村社会にあった世間は明確だったのに対して、壊れかけた世間である空気は曖昧。しかも、世間のように従いさえすれば面倒を見てもらえる保障もありません。

名前の通り移ろいやすく不安定な「空気」を読んで周りと上手くやっていかないといけない。

だから、波風立てないように周りに合わせて自分を出さず、孤立だけはしたくないからと大して仲良くもない友達?と一緒に過ごしたりする人が増えました。

曖昧な空気を読むのは難しく従っていれば安泰というわけでもない、どうすればいいかわからないから人と話すのが怖くなってしまったわけです。

日本人の多くが人と話すことへの怖さを潜在的に抱えているのは、太宰治の「人間失格」が累計発行部数670万部以上を突破していることからも証明されています。

空気に姿を変えた世間を肌で感じているからこそ、人間失格で描かれた「人間恐怖」の感覚が理解できるんですよね。

本当の自分がバレて嫌われてしまうかもしれない怖さ

今は村社会ではないので空気が読めなかったとしても村八分に遭って生活ができなくなる心配はありません。

しかし、遺伝子レベルで「集団からの孤立=死」という感覚が残っているから学校や職場といった集団では孤立しないよう必死に空気を読むのです。

周りに合わせるために自分なりの考えや感情をひた隠し。

親子関係の問題等で自我が確立されていないのに確立されているかのように振舞って、良い子、良い人を演じる。

八方美人で自分が主役の人生じゃないから自分に価値を感じられず…

自分がやりたいことをやっていないからリアルが充実していない。

みんな(世間一般)と比較して違うところを見つけては「自分はおかしい」と否定しておかしいところばかりだと思う。

隠さないといけないと思っていることばかりだからバレるのが怖い。

本当の自分を知られたら嫌われるんじゃないか、離れていってしまうんじゃないか、馬鹿にされるんじゃないか…

さらに、バレるのを恐れてビクビクしていることまで隠そうとするから余計に人と話すことが怖くなってしまうのです。

人に嫌われることが怖いのは人とのかかわりを求めている証拠。

かかわりたいのに拒絶されるというのは自分の存在自体を否定されるような感覚だから怖いんですよね。

「他人からどう見られるか」が怖い

人は自分が自分にする評価と他人が自分にしてくれる評価の2つで成り立っています。

両方の評価をあわせて100点になるような感じです。

自分が自分にする評価が低い人は他人からの評価で埋めようとします。

例えば、自分が自分にする評価が10点だとすると、残りの90点は他人からの評価で埋めようとするわけです。

自分が自分にする評価は10点の人もいれば、30点の人もいれば、70点の人もいますが、人と話すことに怖さを感じる人は点数が低い。

自己肯定感が低いのです。

他人からの評価でほぼ自分の評価が決まってしまうにもかかわらず、自分が自分にする評価が低いから高い評価がもらえると思えない。

自分の評価は10点だと思っているのに他人が自分に80点をつけてくれると思う人はいませんよね。褒められても素直に受け取れないのは当然です。

だから「他人からどう見られるか、どう思われるか」と他人の低いであろう評価を恐れてビクビクする。

人と話すことが怖くなってしまうのも当然だと言えます。

⇒他人の目が気になって仕方がない方はこちらのコラムも参考にしてください。

投影によって生み出される人が怖いという感覚

他人に合わせて波風を立てないようにしているからネガティブな感情が出せない。

自分の中に蓄積された攻撃性が人と話すことへの怖さを生み出しているのもあります。

怒り、憎しみ、不満、軽蔑、優越感…

そういう他人に対する攻撃的な感情が自分の中に渦巻いているからこそ、相手の中にも渦巻いているのではと怖がるわけです。

例えば、浮気をした人は相手も浮気するんじゃないかと疑いますが、浮気をしたことがないもしくは浮気なんてことが頭に全くない人は相手が浮気する可能性なんて考えません。

考えの中にないことだから発想が出てこないわけです。(相手が浮気性の場合等を除く)

心理学に投影という言葉があって、自分の中にある影を相手に映し出すことを意味するのですが、まさにこれなんですよね。

「自分の中には攻撃的な性質はない」といくら思い込んでひた隠しにしていたとしても、相手がその影を映し出して怖いと思わせてくるのです。

攻撃的な性質や汚い部分のない人間なんていません。

もしいるとすれば、それは人間ではないのです。

崇め奉られている歴史上の人物や著名人、有名人、どれだけ人から尊敬され人徳のある人間であったとしても、攻撃的な性質や汚い部分、影を持っています。

人が怖いと思うのは、自分自身に隠している影があるから。

ひた隠しにして目を背けているその影、つまり自分の中にある攻撃的な性質や汚い部分をカウンセリングを受けながら上手く表現していけるようになれば、人と話すのが怖い気持ちはどんどん薄れていくのです。

⇒対人恐怖症の度合いをチェック