雑談恐怖症とは、決まった内容であれば問題なく話せるのに雑談になると急にしゃべれなくなってしまう症状です。

学校、職場、飲み会、子供の送迎、親戚や友達同士の集まり等、雑談の場はいくらでもあるので悩んでいる人が多いですね。

面白い話ができない、コミュニケーションが下手だという認識が強く、普段から相手が求める答えや相手が興味を持つ話を一生懸命考えて話そうとしています。

だから、仕事上のやり取りなど答えがある会話は比較的大丈夫なのですが、雑談のように何を話してもいい答えのない会話ができない。

仕事の話でも想定していない範囲の話が出てきたりすると、どうしていいかわからず頭が真っ白になってしまうケースもあります。

人と仲良くなる上で不可欠な自己開示が上手くできないため、他人との距離感を縮めて親密になることができません。

雑談恐怖症の人に見られる特徴

雑談に結果を求めている

雑談とは相手が求めている話をして、「話が続いたかどうか、盛り上がったかどうか」という結果を得ていくものではありません。

自分が話したいことを話す、聞きたいことを聞く。

相手が興味あるかどうか、知っているかどうかは多少気にしますが、基本的に自分が話したいことを話すのが雑談なんですよね。

「こないだ〇〇さんと飲みにいってさぁ…それで…ハハハ」と親しい人に話したとしても、「へー、そうなんですね」で終わることもあります。

これが雑談であって、たまたま相手が興味持つ話であったり、相手が他人に興味を持ちやすい人であれば、「へー、何時くらいまで飲まれてたんですか?」といった感じの質問があって話が続いていくものです。

雑談恐怖症の人は結果を求めすぎて、ただ会話を楽しむ感覚を見失っています。

受身で会話が続かない

自分のことを知られたくない気持ちが強いだけでなく、話すのが下手だと思っているので自分から話しかけようとは思いません。

基本的に話しかけてもらえるのを待っていて、聞かれたことに答える、相手が質問してくれる、答えるを繰り返す受身の状態になっているんですよね。

その結果、会話を展開させる感覚が養えず、相手に話しかけてもらったときの返事さえ展開できなくなっていきます。

相手が何か話しかけてきても「そうなんだ」と返すだけか、「へー、名古屋に行ってきたんだ」とオウム返しをするかくらいしかできない。

沈黙ができることで焦って無理やり話す、もしくは、話せなくて気まずい雰囲気を耐え続ける。

雑談をするたびに失敗を繰り返すからどんどん恐怖心が増して悪化していくのです。

LINEやメールの返信に時間がかかりすぎて困っている人も結構います。

雑談恐怖症を克服するために

まずは雑談の土台を作ることから

よくコミュニケーションや雑談に関する本を読んだり、話し方教室に通ったりする人もいますが、雑談恐怖症の人はそれ以前の問題であるためほとんど効果は出ません。

自分の話したいことが自然に浮かんでくる「雑談の土台」がないからです。

  • 昨日食べに行ったランチがおいしかったから教えたい
  • 電車が遅れていたのに仕事に間に合ったという成功談を話したい
  • 最近話題になっているニュースのことで意見を聞いてみたい
  • 休みの日に観に行った映画の感動を伝えたい
  • 昨日から体調崩しているしんどさについて話したい
  • 同僚が休みの日に何をしていたか知りたい

などなど。

雑談は自分が何かを見たり聞いたりやってみたりした中で思ったことや感じたことを話したい、興味を持ったことについて知りたいと思うからこそ生まれるものです。

カウンセリングでおこなうこと

カウンセリングでは、「自分がどう思ったか、どう感じたか」に焦点を当てて雑談の土台を作っていきます。

相手に合わせて話す習慣が根付いているため、最初はなかなか上手く話せませんが、期間の経過と共に話せるようになるのでご安心ください。

自然に話す感覚をカウンセリングで定着させながら、職場や学校でも少しずつ話していくことによって、自信が付いて普通に話せるようになるのです。

カウンセリングは一対一の対話であるため、雑談恐怖症の人にとってハードルが高いと思います。

話せるかどうかの不安が強い場合は、メモ(スマホのメモでも可)を準備しておいて見ながら話す形でも大丈夫です。

途中で話すことがなくなってもかまいません。

カウンセラーがなるべく話しやすいように質問したり、話が出てきそうにないときは代わりに話したりもしております。

人間関係の悩み専門カウンセリング(大阪)