雑談恐怖症とは、決まった内容であれば問題なく話せるのに雑談になると急にしゃべれなくなってしまう恐怖症です。

学校、職場、飲み会、子供の送迎、親戚や友達同士の集まり等、雑談の場はいくらでもあるので悩んでいる人が多いですね。

会話における過去の失敗経験や自信のなさから「これを言ったら相手はどう思うだろう?相手にどう思われるだろう?」とグルグル考え過ぎるあまり、話せない状態になっています。

相手の話に乗っかって話すことはできても、「昨日こんなことあってさ」と自分から話を切り出して展開することができない。

雑談恐怖症になる人は面白い話ができない、コミュニケーションが下手だという自覚が強いため、普段から相手が欲しいであろう答えや相手が喜ぶであろう話を一生懸命考えて話そうとしています。

だから、仕事のやり取りなど答えがある会話は比較的大丈夫なのですが、雑談のように何を話してもいい、何を返すのが正解か決まっていない会話が難しい。

仕事の話であったとしても、想定していない範囲の話が出てきたりするとどうしていいかわからず頭が真っ白になってしまうというケースもあります。

雑談恐怖症の人は、人と仲良くなる上で不可欠な自己開示が上手くできないため、他人との距離感を縮めて親密になることができません。

雑談恐怖症の人が自分で話を展開できない理由

雑談ができない人は雑談が苦手、話すのが下手だと思っているから自分から話しかけようとは思いません。

基本的に話しかけてもらえるのを待っていて、聞かれたことに答える、相手が質問してくれる、答えるを繰り返す受身の状態になっているんですよね。

その結果、会話を展開させる感覚が養えず、相手に話しかけてもらったときの回答さえ展開できなくなっていきます。

相手が何か話しかけてきても「そうなんだ」と返すだけか、「へー、名古屋に行ってきたんだ」とオウム返しをするかくらいしかできない。

雑談をするたびに失敗を繰り返すからどんどん恐怖心が増して悪化していくのです。

LINEやメールで考えて返すときはできても、リアルタイムの会話ではできないケースがほとんどです。

人によってはLINEやメール上でも単調な返ししかできていないケースもあります。

そもそも「雑談とは」の定義がずれている

相手が求める話をしようとしている以上、雑談なんてできるわけがありません。

なぜなら、雑談とはどうでもいいしょうもない話だからです。

相手がどうこうよりも、自分が話したいことを話すのが雑談なんですよね。

「こないだ〇〇さんと飲みにいってさぁ…それで…ハハハ」

と親しい人に話したとしても、

「へー、そうなんですね」

で終わることもよくあります。

これが雑談であって、たまたま相手が興味持つ話であったり、相手が他人に興味を持ちやすい人であれば、

「へー、何時くらいまで飲まれてたんですか?」

といった感じの質問があって話が続いていくものなのです。

雑談ができる人とできない人の違い

雑談ができる人が最近あった印象的なことを話すとこんな感じになります。

「先週久しぶりに友達と映画観に行ったんですよ。週末だったから家族連れが多くてすごい人で。人ごみ苦手なんで土日はあんまり出かけたくないんですけど、どうしても観たい映画があるって言うんで。まあ2人とも仕事してるんで土日しか休みないですし。その友達と会ったのが1年ぶりくらいだったと思うんですけど、なんか久しぶりに会えて嬉しかったですね。ちょうど昼前くらいに映画終わったんでお昼行こうって話になって、何食べようか迷ったんですけど最終的にゆっくりできるところにしようってことで…」

自分が感じたことや思ったこと、関連する出来事も連鎖的に出てきて話が展開されていくわけです。

雑談ができない人の場合はどうでしょう?

「映画を観に行きました」の一言で終わるか「とくに何もなかったです」となかったことにする可能性もあります。

雑談恐怖症はまさに他人中心の考え方に基づいたもの

雑談恐怖症で悩んでいる方に雑談ができない理由を聞いてみると、

「雑談と言われても何を話していいかわからないんです…」

という答えがだいたい返ってくるのですが、これは「雑談は相手が興味を持つ話でないといけない」「相手が面白いと思う話をしないといけない」等と自分で勝手にハードルを上げてしまっていることが原因です。

こんな話をしたら相手がどう思うだろうと考えれば考えるほど答えは出なくなりどんどん話せなくなっていく。

そして、休憩時間や帰宅時など周りが雑談する場面を避けるようになり、余計に雑談できない自分への自信を失っていくのです。

雑談恐怖症はまさに他人を中心にした考え方によって引き起こされているものだと言えます。

雑談恐怖症を克服するために

よくコミュニケーションや雑談に関する本を読んだり、話し方教室に通ったりする方もおられますが、雑談ができない理由はそれ以前の問題であるためほとんど効果は出ません。

雑談は話のネタを豊富に用意したり、話の組み立て方が上手くなればできるものではなく、自分が話したいことが自然に浮かんでくる状態になることで初めてできるようになります。

  • 昨日食べに行ったランチがおいしかったから教えたい
  • 電車が遅れていたのに仕事に間に合ったという成功談を話したい
  • 最近ニュースで話題になっている「〇〇女子」について意見を聞いてみたい
  • 休みの日に観に行った映画の感動を伝えたい
  • 昨日から体調崩しているしんどさについて話したい
  • 同僚が休みの日に何をしていたか知りたい

などなど。

自分が何かを見たり聞いたりやってみたりした中で気付いたことや感情が動いたことを話したい、興味を持ったことについて知りたいと思うからこそ雑談が生まれるのです。

雑談恐怖症を克服するためには、カウンセリングを受けながら「自分がどう思ったか、どう感じたか」という感情面に焦点を当てて他人中心の思考から脱却していくことが必要となります。

今まで他人中心の思考で会話していた習慣が根付いているため、自分の感情や本音に気付きづらい状態にはなっているのですが、一定期間継続すれば気付けるようになっていきます。

カウンセリング中に自分本位で話す習慣を定着させながら、職場や学校でも少しずつ雑談していくことによって、自信が付いて何も考えずに自分が話したいことを雑談として話せるようになるのです。

カウンセリング料金

60分 … 10,000円(税込)

90分 … 13,000円(税込)※対面のみ選択可

■カウンセリングは対面だけでなく電話、Skype、LINEでの対応も可能です。

■掲載している料金以外の金額を別途請求することはありません。

■次の予約に支障をきたすため当日の時間延長は基本的にお受けしておりませんが、ご希望の場合のみ10分毎1,000円で対応いたします。

■料金のお支払方法は予約時の自動返信メールもしくは料金ページに記載しております。(銀行振込orクレジットカード払)

カウンセリングを受けるまでの流れ

  1. 予約フォームに必要事項を入力して送信
  2. メールにて予約日時の調整
  3. 料金のお支払(対面の場合は現地にて現金払も可)
  4. 予約日時にカウンセリングを受ける

カウンセリングルーム概要

大阪市天王寺区悲田院町8-26 天王寺センターハイツ802(JR 天王寺駅から 徒歩3分)

営業時間 … 10:00~22:00(土、日、祝日も営業中、時間外の予約対応可)

対人恐怖症専門カウンセリング申込みボタン

※カウンセリングは自発的な意志によって効果を発揮するため継続の強要や引止めは一切おこなっておりません。