自分に自信が持てない人は、相手に合わせてばかりの状態になっています。

相手がどう思うかばかり考えて、嫌われないように、変に思われないようにと必死に合わせているのです。

そうすることで近からず遠からずの当たり障りない関係を作り出し、表面上は問題のないかかわりができるようになっています。

しかし、人に合わせれば合わせるほど自分を抑え込むことになるため反動で何かしらの問題が出てしまう。

他人に合わせるのが無意識レベルで自覚できなくなっている人は、人間関係は上手くいっているのになぜかしんどい、疲れやすい。

人との関係を深めて本当の意味で仲良くなるためには、人に合わせてばかりのコミュニケーションをやめることが必要です。

人に合わせてばかりになってしまう本当の理由

「人に合わせる」という選択肢しかない

相手に合わせる形をとっていれば人との関係で波風立てずに済むというのはもちろんあります。

みんなが「賛成」と言っていることに本当は「反対」だと思っていても「賛成」と言っておけば丸くおさまるわけです。

合わせてさえいれば変に思われることもないし嫌われずに済む。

しかし、本当の理由は違います。

人に合わせるコミュニケーションしかできないのです。

たいてい中学校に入学してから自分を出すコミュニケーションが上手くいかなくなり、自分を抑え込んで周りに合わせるコミュニケーションに切り替えています。

自分を出して上手くコミュニケーションを取ることができないから人に合わせざるをえない。

人に合わせてばかりで自分を出さない期間が長くなればなるほど「自分を出して受け入れてもらえるのだろうか、嫌われたらどうしよう」という不安が増していく。

余計に自分を出せなくなって人に合わせてばかりになるわけです。

「自分が間違っているのではないか」という自信のなさ

相手に合わせるというのは相手に委ねることになります。

自分に考える力があって正しい判断ができる自信があれば相手に委ねる必要はありません。

しかし、自分は正しい判断ができないのではないか、たぶん自分は間違っていると思っていたらどうでしょう?

間違いなく相手に合わせたほうが上手くいくと思いますよね。

そして、相手に合わせて上手くいけば「やっぱり相手に合わせてよかったんだ」と安心する。

どんどん相手に委ねることが増えて意見することがなくなっていく。

自分が意見を言わないから自信がつかず、逆に自信を失うことになるわけです。

相手の意見に依存して自分で考えることを怠っている状態とも言えるでしょう。

人に合わせてばかりで自動化されている

人に合わせてばかりだと自分で考える必要がないのでどんどん自分の意見がなくなっていきます。

自分の意見があれば他人の意見を聞いたときに「本当にそうなのかな」と疑問を抱いたり、「いや、それは違うと思う」と反発が生まれる。

しかし、意見がない状態で他人の意見を聞くと鵜呑みにしてしまいます。

ある人が「先輩の言うことには我慢して従うべきだ」と言えば「そうだな」と思い、また別の人が「相手が先輩であっても不満があれば言ったほうがいい」と言えば「そうだな」と思う。

鵜呑みにする状態になると他人の意見を聞いても何も感じないので合わせている実感がない。

まるで相手の意見が自分の意見であるかのように錯覚しているのです。

親や先生を絶対視して義務感で動くことが多かった人ほど、人に合わせることが自動化されている傾向が見られます。

人に合わせてばかりのコミュニケーションが生み出す問題

自分の気持ちがわからなくなってくる

人に合わせていれば衝突が起こる心配はありません。

みんなが「今日はカレー食べに行こう」と言っていたら「いいね、行こう行こう」と賛成する。

とくに女性のグループでありがちですが、本音では違うのがいいと思っていても周りの様子をうかがいながら合わせていく。

反対しないことで波風立たないし円滑に物事が運ぶ、良いことばかりに見えて実は問題が生じます。

まずは自分の気持ちを抑圧してしまうこと。

例えば、昨日カレーを食べて今日は食べたくないと思っているのにまた食べるのは嫌ですよね。

嫌なのに我慢してやる、興味ないのに興味があるようにふるまう。

繰り返していくうちに自分の気持ちがわからなくなって麻痺してくるのです。

表面的な付き合いしかできなくなってしまう

また、相手を怒らせる、嫌われる原因にもなりかねない危険性もあります。

「何食べたい?」と聞かれて「なんでもいいよ」と言う。

相手の意見を尊重しているように見えますが、毎回毎回繰り返していると相手にとっては負担になる。

例えば、何度も食事の機会がある旅行とかで毎回「何でもいいよ」と言われたら全部考えないといけなくなりますよね。

よく「たまには意見出してよ」と怒られた話を聞くので間違いありません。

人に合わせるから考えない、考えないから自分の意見を持たない。

何を考えているかわからず相手に話しづらい印象を与えてしまうこともあります。

人と人との関係はお互いを知り合うことで深まっていくので、合わせてばかりで自己主張しないままでは深まらない。

嫌われないけど好かれもしない、表面的な付き合いしかできなくなってしまうのは大きな問題だと思っています。

人に合わせてばかりの状態から抜け出すカウンセリング

以下の2点を軸にカウンセリングをおこない、人に合わせてばかりの状態を改善していきます。

自己効力感を高めていく

自己効力感(self efficacy)とは、能動的に自分をコントロールできる感覚、「自分ならできる」と思える感覚です。

self・efficacyとは,自分がその行動をどの程度遂行できるかについての予期のことであり,
①自分が実際にその行動を遂行できたことを体験すること
②モデリングによって,遂行の代理経験をすること
③自分には遂行することができるのだという言語的な説得を受けること
④その行動を遂行していけるかどうか,判断のよりどころとなるような生理的状態を自覚すること
などの情報によって認知されるものである。

引用元:系統的脱感作法による視線恐怖反応の消去に及ぼすSELF-EFFICACYの役割、一般社団法人日本認知・行動療法学会機関誌、第12巻第2号(通巻22号)1987年3月

自己効力感はモデリングや説得によっても得られますが、実際に自分が行動できたという体験が効果的です。

人に合わせてばかりいると主体的に話す機会がないから「自分は話せる」という自己効力感が得られない。

逆に主体的な会話をしていけば自己効力感を高めていけるのですが、今までずっと人に合わせてきた人が急に主体的に話すことはできません。

カウンセリングを受けて少しずつ主体的に話す感覚を掴んでいくことが必要なのです。

カウンセリングでは上手く話せなくても否定されたり、怒られたりすることがありませんので安心して自分のペースでお話しください。

本当の自分で話す感覚をつかむ

主体的に話せるようになるために「自分が何を思い、何を感じているか」に焦点を当ててお話しいただくことをカウンセリングでは重視しております。

人によって好き嫌いや興味関心は違いますから、気になること気にならないことも人それぞれです。

友達はピンクがかわいいと思ったとして、自分も同じピンクをかわいいと思うとは限りません。ブルーの方が綺麗でいいなと思う人もいるでしょう。

人に合わせてしまった場面を振り返って、自分の本音を書き出すようにしてみてください。

自分の意見がない人はニュースを見て自分なりの考えを持つようにするのもいいと思います。

継続すれば言いたいことが浮かびやすくはなるのですが、直接誰かに話すのはなかなかできません。

今まで話してこなかったせいで「変に思われるんじゃないか」「間違っているんじゃないか」といった不安が強くなっているからです。

カウンセリングで自分のことを話し、別に話しても大丈夫なんだという安心感を得ていく。

客観的な意見を聞いていく中で、勝手に上げ過ぎていたハードルも下がります。

そして、実際に人とのかかわりで話したいことを話す、聞きたいことを聞くのを少しずつやっていく。

拒絶されないどころか、仲良くしたい人との関係は深まり、自分と合わない人とは距離を置けるからすごく楽になります。

自分を出して上手くいく感覚がつかめることによって、人に合わせてばかりのコミュニケーションはやめられるのです。

普段から合わせてばかりの人はカウンセリングで違和感を抱く

人に合わせてばかりのコミュニケーションを取っている人は、カウンセリングを受けると違和感を覚えます。

何を話せばいいかわからなくなって沈黙したり、質問ばかりするようになったり、間を空けないようにと頑張って話し出したり、カウンセラーに何か話して欲しいと思って変に見つめ合う時間ができたり…

カウンセラーは話を聴くスタンスだから合わせられなくて困るのです。

相手が何か質問してくれたら答えることができるし、相手の話であれば質問して広げることもできる。その中で関連することがあれば自分の話をすることもできる。

でも、相手のアクションなしに自分の話をすることはできない。

だから、「何でも聴きますから話してください」というスタンスのカウンセラーに話すことが出てこなくなるんですよね。

コミュニケーションの悩みを早く解決したい、解決する方法を教えて欲しい。

日々がつらくて苦しくて仕方ないからそう思う気持ちはよくわかりますが、コミュニケーションの問題は何かを教えてもらったら解決できるものではありません。(もし、そうだとしたら本を読めば解決するはずです)

カウンセリングの中で少しずつ自分から自分の話をできるようにしていくこと。

言いたいこと、聞きたいこと、思ったこと、感じたこと…

最初はなかなか難しいですが、カウンセラーに話せる範囲で自分のことを話していくと改善に向かっていきます。

話しづらいことを理解した上でサポートしますので、少しずつ一緒にやっていきましょう。