電車内で目線のやり場に困る女性

何も気にせず電車に乗っている人もいれば、どこを見ていいかわからず困っている人もいます。

スマホを触っていても視界に入る隣の人が気になったり、音楽を聴いても集中できなかったり、広告や景色を見ていても落ち着かなかったり、向かい合わせに座ると顔が上げられなくなったり…

本来電車に乗ったら自分の好きなことを適当にやるだけのはずが、どこを見ていいかを考え出すと平気ではいられなくなる。

電車の中でどこに目線を向ければいいかわからなくなってしまうのです。

具体的に電車内のどこを見ればいいという話ではなく、自分の目線をあまり気にせず過ごせる方法をお伝えしています。

自分の目線が相手に不快感を与えると思う原理

自分が見ることによって「相手を不快にさせてはいけない」と思うから、見てはいけないと思っています。

でも、少し考えてみてください。

自分が見ることで相手が不快に思うとなぜわかるのでしょうか?

知り合いならまだしも、たまたま電車に乗り合わせた見ず知らずの他人がどう思うかがなぜわかるのでしょうか?

それは、自分がそう思っているからです。

自分が「人に見られるのが不快だ」と思っているから、見ず知らずの相手もそうだろうと思うのです。

そもそも自分の中に「人に見られることが不快」という概念がなければそういう発想すら出てきませんからね。

また、自分という存在が相手に不快感を与えるのではと思っていることで、見られた相手が不快に感じるのではと思うというのもあります。

目のやり場を気にせず電車内で過ごすために

「どこに目線を向ければいいかわからない」という悩みの裏にあるのは「見ていいかどうか」という他人目線の強さです。

ジロジロ見る等、明らかに他人を不快にさせるような目線でない限り、自分が見たいところを見ていいはず。

にもかかわらず、他人目線だから見てはいけないところが出てきて、どこを見ていいかがわからなくなっているのです。

この状態は「他人がどう思うか」ではなく「自分がどうしたいか」に意識を向けていくことで改善していきます。

「自分がどうしたいか」は自分を基準にして生まれてくるもの。

自分が好きなこと、興味関心があること、気になっていることに目を向けてみましょう。

自分がやりたいことに意識が向けば向くほど、電車の中で見たいところを見る、やりたいことができるようになっていきます。

他人目線が強すぎて自分がどうしたいかよくわからない場合はカウンセリングをご活用ください。

⇒『視線恐怖症を克服するカウンセリング』詳細はこちら