電車に乗ったときにどこを見ていいかわからなくなって困るというご相談は非常に多いです。

スマホをさわっていても視界に入る隣の人が気になったり、音楽を聴いても集中できなかったり、広告や景色を見ていても落ち着かなかったり、向かい合わせに座ると顔が上げられなくなったり…

本来なら電車に乗ったら自分の好きなことを適当にやるだけで、何も悩むことなんてないはずですが、どこを見ていいかを考え出すと平気ではいられなくなります。

この「どこを見ていいかわからない」という言葉からも読み取れるのが「見ていいかどうか」という他人目線の強さ。

どこを見ていいかの答えは自分が見たいところならどこでもいいはずなのに、他人目線だから見てはいけないところが出てくるのです。

見られることで相手が不快に感じると思う原理

自分が見ることによって「相手を不快にさせちゃいけない」と思うから、見てはいけないという概念が生まれるんですよね。

でも、少し考えてみてください。

自分が見ることで相手が不快に思うとなぜわかるのでしょうか?

知り合いならまだしも、たまたま電車に乗り合わせた見ず知らずの他人がどう思うかがなぜわかるのでしょうか?

それは、自分がそう思っているからです。

自分が「人に見られるのが不快だ」と思っているから、見ず知らずの相手もそうだろうと思うのです。

そもそも自分の中に「人に見られることが不快」という概念がなければそういう発想すら出てきませんからね。

また、自分という存在が相手に不快感を与えるのではと思っていることで、見られた相手が不快に感じるのではと思うというのもあります。

電車でどこを見ていいかわからなくなる状態を改善するために

どこを見ていいかわからない状態は、人から見られて不快な気持ちになってしまうことと、自分という存在が他人に不快感を与えてしまうかもと思うことによって生み出されている。

だから、これらを解消することができれば電車でどこを見ていいかわからないと困ることはなくなります。

どうすれば解消できるのでしょうか?

「他人にどう思われるか」ではなく「自分がどうしたいか」に意識が向く状態を作ることです。

「自分がどうしたいか」は自分を基準にして生まれてくるもの。

まずは自分を知ることからになりますね。

自分が好きなこと、興味関心があること、気になっていること…

やりたいことが湧き上がってくるようになれば、電車の中で見たいところを見る、やりたいことができるようになっていきます。

自分を知ることが一人では難しいという方はカウンセリングをご活用ください。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら