hyoujoegao人と話しているとき自然と笑顔になれず、緊張した感じでこわばってしまう。

頬の筋肉が痙攣したようにピクピクして、ぎこちない顔になるから相手も反応する。

変に思われたんじゃないか、またひきつるんじゃないか…

自分の表情が気になって仕方ないのは、対人恐怖症の一種である表情恐怖症に該当します。

面白いと思っていても楽しくても自然に笑えない。

何とかしなきゃと焦ることで余計に表情を意識することになり悪化し続けるのです。

鏡に向かって笑顔のトレーニングをしてみたり、表情筋をほぐしたりしてみても効果なし。

成す術なく「どうすればいいのか」と途方に暮れておられるかもしれません。

この記事では人と話すときに顔がこわばってしまう原因と改善方法をお伝えします。

人と話すと顔がこわばるのはなぜ?

「相手にどう思われるか」を気にしすぎている

「顔」は対面するときに一番見られる場所であるため、「人にどう思われるか、どう見られるか」を気にする人ほど意識しやすい。

自分の表情が気になるのは「相手からの評価」を強く意識していることを表しています。

相手に悪い印象を持たれたくないのはもちろん、笑顔で感じの良い人に見られたいんですよね。

だから、面白くないことでも周りに合わせて笑い、みんなが楽しそうだからと自分も笑う。

自分の気持ちに関係なく無理やり表情を作るからこわばってしまうのです。

自分の真顔が怖いと思っている

真顔でいただけなのに家族や友達から「怒ってるの?」「怖い」と言われた経験がある人は多いです。

自分では普通の顔のつもりが、相手には悪い印象を与えてしまう。

鏡で確認しながら人とかかわることができない以上、自分の表情に対する不安はぬぐえません。

だから、笑顔で真顔になることを防ぐわけです。

真顔はダメだと思いながら笑顔を作り続けるのはしんどいもの。

気が休まらない状態になり、笑おうとしても顔がひきつるようになってしまいます。

笑顔に対する義務感が強い

看護師、飲食店スタッフ、キャビンアテンダント…

患者さん、お客さんと接するにあたって笑顔を求められる仕事です。

自分の感情に反してでも笑顔を作らないといけない、感情労働と呼ばれるこういった仕事では燃え尽き症候群になってしまう人が多いと言われます。

マクドナルドの「スマイル0円」なんて典型例ですよね。

仕事をしていなくても義務感で笑顔を作っている人は同じくらいの負荷がかかっています。

笑顔を作るためにエネルギーを大量に消費、鬱々とした気持ちになりやすいからどうしても顔は険しくなる。

にもかかわらず、頑張って笑顔を作ればひきつるのは当然、あまりのしんどさに顔がこわばってくるわけです。

会話中に使える表情への意識を緩和する対処法

表情への意識を分散させる

「表情のことを気にしないようにしよう」としても効果はありません。

緩和するために大切なのは意識の分散です。

以下のような方法であれば、会話中でも不自然に見られないので取り組みやすいかと思います。

  • 手のツボを押してマッサージする
  • 相手の話をイメージで具体化してみようと頑張る
  • 呼吸や姿勢、足の感覚などに意識を向けてみる

効果がない場合はもっと刺激の強いことをやってみてください。

何かしらの刺激を与えて表情への意識を外せれば楽になります。

自分が意識を向けやすいことなら何でも構いません。

作らず自然な反応を待つ

笑顔やリアクションはなるべく作らないこと。

作らなくても勝手に出てくる感覚を取り戻す必要があるからです。

ただ、仕事で支障が出てしまう場合等は作るときがあってもかまいません。

誰しも多少なり表情を作る場面はありますからね。

楽しいから笑う、恥ずかしくて照れ笑いする、可愛くて微笑む、嫌悪感で表情が曇る…

感覚に委ねられるようになれば自然な表情が出てきます。

普段の生活で自然な表情が出やすくなる習慣を取り入れましょう

ポジティブな感情になりやすいことをやる

無理に作った笑顔はどうしても不自然さが残るので、他人が見たら作ってることくらいだいたいわかります。

そんな見え透いた作り笑顔を必死に頑張る必要はありません。

笑顔を作ろうと頑張れるなら、そのエネルギーを違うところに使ってください。

  • 自分がやりたいことや目標を探して取り組む
  • 自分の感情を素直に出す機会を増やしてみる
  • 自然に笑顔が出る日々の小さな幸せを探す

自分の人生をよりよいものにしていく行動であれば何でも大丈夫です。

積み重ねる中で達成感、充実感、多幸感が生まれて自然と笑顔になっていきます。

表情以外の要素に目を向ける

笑顔でニコニコしていなくても好かれる人はいくらでもいます。

ほとんど笑わなくて真顔だけど嘘をつかない真面目で信用できるやつ。

あまり笑わないけど優しくてマニアックな話になると意外と面白い人とか。

表情以外で好かれる要素があればいくらでもカバーできます。

真剣に仕事をしているからこそ険しい顔になってしまう人もいますが、一生懸命やっていることがわかれば接客でも問題は起こりません。

緊張して顔がこわばっていても一生懸命さが伝われば、嫌われるどころかむしろ好感を持ってもらえることさえあります。

表情にばかり気を取られて他の要素を見失わないようにしてください。

自然な表情で人と話せるようになるために

固定観念を崩す

ブレーキになっている固定観念を崩すことができれば感情と連動して表情が出やすくなります。

無理やり義務感で笑おうとするのではなく、感情でフワッと笑う感じ。

笑顔で無理矢理接しないといけないと思わないとすーっと忘れるという感じがする。気を使わないようにしようと思ったら楽な感じになっている。

引用元:対人恐怖症の女性との意図的面接、1994、鹿児島県立短期大学紀要

肩の力が抜けると表情が柔らかくなって、こわばることがなくなるんですよね。

カウンセリングで表情に関する固定観念はもちろん、会話における固定観念等にも気付いていく。

そして、固定観念の役割を知り手放せるようにしていきます。

自分の気持ちを表現する

顔をこわばらせているネガティブな感情を吐き出しましょう。

嫌悪、怒り、悲しみ、寂しさ、妬み…

普段からいろんな感情を溜め込んでいるはずです。

しかし、表情恐怖症で悩んでいる人は、無意識に感情を抑圧しているので自分だけではなかなか気付けません。

まずはカウンセリングで話して少しずつ自覚できるようになることから。

言葉でどう表現していいかわからない人も多いですが、対話を重ねる中で話せるようになっていきます。

他人基準を自分基準に

根本的な問題は他人の評価を気にしすぎる他人基準にあります。

面白くないのに笑う、楽しくないのに笑う、みんなが笑っているから笑う…

「みんなに好かれたい」「誰にも嫌われたくない」という気持ちが強ければ強いほど無理に表情を作ることが増えてしまうわけです。

カウンセリングでは、他人に合わせてばかりで見失った自分を取り戻していくために、日々感じたことや過去のエピソードを中心に話していただきます。

対話を繰り返す中で「自分」というものがわかってきて、世間や他人ではなく自分を基準にできるようになっていく。

自分の感情や本音を大切にすることができ、言いたいから言う、やりたいからやるといった主体的な行動が増えていきます。

相手からの評価への意識が薄れ、表情への意識もどんどん小さくなる。

そして、気付いた頃には顔がこわばることがなくなっているのです。