hyoujoegao好きな人と話をするとき自然と笑顔になるものですが、上司の面白くない話に愛想笑いしないといけないこともあります。

笑顔というのは人とのコミュニケーションを円滑にする上で必須のように思われていますから、笑顔になれない、なろうとしてもぎこちなくなったりしてしまうことは人間関係において死活問題なわけです。

接客の仕事をやっている人であれば本当に困りますよね。

笑顔になろうとしたら顔が引きつって頬がピクピクと痙攣したりして、自分の表情がおかしくないかを気にして苦しむのが対人恐怖症の一種である笑顔恐怖症。

変に意識しないようにしようと気を紛らせてみたり、引きつるのを頑張って止めようとしてみたりして、自然に笑顔になろうとするのですが、また顔を引きつらせてしまうことを繰り返す。

顔が痙攣したようにピクピクして、それが気になって仕方なくなるので、表情筋の問題かと思って病院へ行く方もおられますが、診断結果は異常なし。

成す術なく一生このつらさを耐え続けないといけないかと思って絶望的な気持ちになっておられるかもしれません。

顔がひきつることを気にすればするほど笑えなくなる

自然に笑えない状態が続けば続くほど自分の表情が気になっていきます。

気になるから意識して余計に笑えなくなる。

だけでなく、気分も落ち込み、イライラしやすくなってしまいます。

人はポジティブな感情を抱くとき自然と笑顔になりますが、逆にネガティブな感情を抱いていると笑えません。

ショックなことがあって落ち込んでいるとき、バラエティを見たりしても笑えなかった経験はあるでしょう。

みんなが楽しそうに笑っているのに自分だけ笑えない。

笑わないとおかしいからと気持ちに反して無理に笑うから余計に引きつってしまうわけです。

笑顔は感情から生まれるもの

「そもそも人はどういうときに笑顔になるのか?」を考えてみましょう。

  • かわいい赤ちゃんを見たとき
  • 会いたかった友達に会えたとき
  • 好きな人と話すことができたとき
  • 友達と話していて盛り上がってきたとき
  • ディズニーランドで好きなキャラクターと写真を撮るとき
  • 欲しかったものをプレゼントしてもらえたとき

人は嬉しい、楽しいといった感情が生まれたとき自然と笑顔になります。

にもかかわらず、感情を置き去りにして無理やり笑顔にしようというのはそもそも難しいわけです。

鏡の前で笑顔のトレーニングをしようが、表情筋を鍛えようが何も変わりません。

接客で笑顔になるのも仕事に何かしらの楽しみがあったり、お客さんに喜んでもらうのが嬉しかったり、自分の中でやりがいを感じていたりするからであって、何もない状態で笑顔を作っている人には違和感があります。

笑顔を無理やり作ろうと頑張るのではなく、笑顔のもとになる感情を探すのを頑張ったほうがよっぽどいいということです。

感情に反して笑顔を作り続ける負担は絶大

看護師、飲食店スタッフ、キャビンアテンダント…

患者さん、お客さんと接するにあたって笑顔を求められる仕事です。

自分の感情に反してでも笑顔を作らないといけない、感情労働と呼ばれるこういった仕事では燃え尽き症候群になってしまう人が多いと言われます。

マクドナルドの「スマイル0円」なんて典型例ですよね。

仕事だからと無理をして笑顔を作り続けることで感情とのギャップが大きくなる。

笑顔を作るための必要エネルギーが増大、どんどん負担が増えて燃え尽き症候群になってしまう。

感情に反して笑顔を作ることがどれだけ負担になるかわかっていただけたでしょうか?

笑顔恐怖症の克服

笑顔になれないと思うと何とか頑張って笑顔になろうとしたり、悩んでいる人は「笑顔になれないこと」を解決しようとします。

なぜなら、今一番困っていることが「笑顔になれないこと」であり、それさえ解決できれば普通に戻れる、悩むことはなくなると考えているからです。

しかし、これをいくら頑張っても同じことの繰り返しにしかなりません。

笑顔になれないことは単に表面化した問題でしかなく、根本的な原因は別のところにありますからね。

その根本的な問題と向き合って解決していくことで初めて、笑顔恐怖症は克服できるのです。

根底にあるのは他人基準の考え方

笑顔がひきつってピクピクと痙攣したような感じになるのは顔に余計な力が入っているからです。

「顔」は対面するときに一番見られますから、「人にどう思われるか、どう見られるか」を気にする人が特に意識するところ。

顔に出る表情が気になる方というのは、「相手からの評価」を強く意識していることを表しています。

相手から悪い評価をもらわないようにする、もしくは、良い評価をもらうにあたって、もし自分の能力が低いとすれば、もっと頑張らないといけないと思う。その頑張りが余計な力みを生み出しているのです。

相手からどう評価されるか。

つまり、相手がどう思うかという「他人基準の考え方」に支配されているわけです。

その他人基準の考え方に、カウンセリングを受けながら自分基準の考え方を取り入れて実際に行動していくことによって、他人基準の考え方と自分基準の考え方のバランスがとれるようになります。

自分基準の考え方ができるようになってくると、感情が動きやすくなり相手からの評価への意識が薄れて表情への意識もなくなっていく。

そして、気付いた頃には表情のことを気にしない状態になっているのです。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら