「相手の目を見ようとするとどうしても睨んだ感じになってしまうんです…だから、できるだけ目を合わさないようにしてるんですけど、ちゃんと目を見て話さないと失礼じゃないですか?どうすれば睨まずに目を合わせられるようになるのでしょうか?」

「相手の胸元を見てはいけないって思うのにどうしても見てしまうんです。頭ではわかっているのに止められません。どうすればいいのでしょうか?」

対人恐怖症の一種である自己視線恐怖症で悩んでいる方からよくこういった感じのご相談を受けます。

自己視線恐怖とは,特定の対人状況において自己の視線が異様な鋭さ,ないしは醜さを発し,それゆえに全面する他者を傷つけ不快にすると信じ悩む病態であり,鋭すぎる,きつすぎる,いやらしいなど自分の視線に対する悪しきイメージを抱き,その視線が他者に悪しき影響を与えてしまうことへの恐怖感を訴えるものである。そのため他者がなんらかの反応をしているという確信を抱きやすいという点で関係妄想性を帯びているのも特徴である。

引用元:自我漏洩体験の概念と構造に関する研究、2010、広島大学大学院教育学研究科紀要

自分の視線が相手に嫌な思いをさせてしまう、迷惑を掛けてしまうと思うあまり、視線をコントロールすることができなくなっているのです。

強迫観念のような感覚になっていますので、他者視線恐怖症正視恐怖症に比べて症状が重く、脇見恐怖症と近いところがあります。

ジレンマに苦しむ自己視線恐怖症

見てはいけないとわかっているけど気になるから見てしまう。

相手を見ずに話すわけにはいかず頑張って見ようとするが、見たら相手の嫌がるところを見てしまうからどうしようもない。

結局はできるだけ相手を見ないようにしながら頑張ってたまに見るという行動になります。

相手を見ないようにしていると相手に失礼だと思われる。(人間関係が築けない)

相手を見るという行動をとったとしても見てはいけないところを見て迷惑を掛けてしまう。

どちらを選択してもよからぬ結果になるわけですから、どちらを選ぶにも選べないジレンマに苦しんでいるのが自己視線恐怖症の特徴です。

見てはいけないのに見てしまう自己視線恐怖症のメカニズム

人間には「やってはいけない」と禁止されればされるほどやりたくなってしまう性質があります。

「決して開けないでください」と言われたはずの玉手箱を開けてしまった浦島太郎の話は有名ですよね。

これはカリギュラ効果、心理的リアクタンスとも呼ばれるものですが、脳の働きから考えれば当然と言えます。

そもそも人間の脳は禁止を認識することができません。

「郵便ポストを想像しないでください」と言われたらどうでしょう?

すでに郵便ポストが想像されてしまっていますよね。

「見てはいけない」というのは「見ろ」と同じ。

だから「見てはいけない」と思えば思うほど見てしまうわけです。

見てはいけないと思う背景には「相手に迷惑を掛けてはいけない」といった固定観念、不安だから見たくなってしまう感情の動きがあります。

主体性のなさ、感情の抑圧も影響している

自己臭・自己視線恐怖の特徴を,現実の臭いや視線に対する他者反応を冷静に判断するための主体性消失,証拠もないところでの他者行動の悪意的解読の現象にあるとし,これは本人の”他者に対する強い敵意感”が顕在化したもので,自己主体性・他者との相互信頼感が強く歪んだ状態であるとしている。

引用元:青年期における対人恐怖心性と自己関係づけの関連、2009、信州大学人文学部

自分に軸がないから他人の反応を客観的に見れない。

普段から良い人であろうとするあまり、自分の中にある怒りや嫌悪などの感情を抑圧。

周りに合わせてばかりで我慢をさせられていることへの不満、怒り。

あって当然の感情を抑圧して感じないようにしているから他人に投影されてしまう。

他人が自分の視線を嫌がっていると思うのは、自分が他人を嫌がっている気持ちの表れなのです。

自己視線恐怖症を克服するために

自己視線恐怖症を引き起こしている大きな原因として固定観念と感情の抑圧があるため、それらを解消していくことが必要なのですが、まずは自分の中にそういう問題があるんだと認識することが必要となります。

ただ、「こうしないといけない」「これはやってはいけない」という固定観念も感情の抑圧も習慣化されて無意識になっていて自分だけで認識するのが難しい。

だから、カウンセリングで自分自身と向き合っていくことによって少しずつ認識できる状態にしていきます。

認識できたら固定観念を崩そう、感情を解放していこうと思うのですが、なかなかそうはさせてくれません。

自己視線恐怖症で悩んでいる期間が長ければ長いほど強烈に染み付いてますから、変えようとしてもビクともしないんですよね。

例えば、認知療法や論理療法的に見てしまってもいい理由を考えてみたり、見てしまっても大丈夫だと言い聞かせようとしてもほとんど効果が出ないのです。

自己視線恐怖の場合は,自己視線に関する独特の認知パターンがdistraction効果を妨害したのではないかと考えるが,distraction効果やそのメカニズムについては,今後解明すべき課題である。

引用元:視線恐怖の治療メカニズム、2003、一般社団法人 日本教育心理学会

※distractionは「気を紛らわすこと」を意味します。

自己視線恐怖は確信型の対人恐怖症に分類されるので認知パターンが強固なんですよね。

ではどうすれば効果が出るかというと、他の視線と関係ない小さな固定観念を崩しながら、視線にこだわりすぎて狭くなった身勝手な思考を客観的に見れる状態にしていく。

感情を表現しながらでも嫌われずに人間関係が築いていけることを実感して無意識に理解させていくといったことを地道にやっていくことになります。

自己視線恐怖症は自分では気付けない無意識レベルの問題が原因になっているので、自力で何とかしようと間違った方向で頑張る前にご相談ください。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら