「相手の目を見ようとするとどうしても睨んだ感じになってしまうんです…だから、できるだけ目を合わさないようにしてるんですけど、ちゃんと目を見て話さないと失礼じゃないですか?どうすれば睨まずに目を合わせられるようになるのでしょうか?」

「相手の胸元を見てはいけないって思うのにどうしても見てしまうんです。頭ではわかっているのに止められません。どうすればいいのでしょうか?」

対人恐怖症の一種である自己視線恐怖症で悩んでいる方からよくこういった感じのご相談を受けます。

自分の視線が相手に嫌な思いをさせてしまう、迷惑を掛けてしまうと思うあまり、視線をコントロールすることができなくなっているのです。

強迫観念のような感覚になっていますので、他者視線恐怖症や正視恐怖症に比べて症状が重く、脇見恐怖症と近いところがあります。

ジレンマに苦しむ自己視線恐怖症

見てはいけないとわかっているけど気になるから見てしまう。

相手を見ずに話すわけにはいかず頑張って見ようとするが、見たら相手の嫌がるところを見てしまうからどうしようもない。

結局はできるだけ相手を見ないようにしながら頑張ってたまに見るという行動になります。

相手を見ないようにしていると相手に失礼だと思われる。(人間関係が築けない)

相手を見るという行動をとったとしても見てはいけないところを見て迷惑を掛けてしまう。

どちらを選択してもよからぬ結果になるわけですから、どちらを選ぶにも選べないジレンマに苦しんでいるのが自己視線恐怖症の特徴です。

見てはいけないのに見てしまう自己視線恐怖症のメカニズム

人間には「やってはいけない」と禁止されればされるほどやりたくなってしまう性質があります。

「決して開けないでください」と言われたはずの玉手箱を開けてしまった浦島太郎の話は有名ですよね。

これはカリギュラ効果、心理的リアクタンスとも呼ばれるものですが、脳の働きから考えれば当然と言えます。

そもそも人間の脳は禁止を認識することができません。

「郵便ポストを想像しないでください」と言われたらどうでしょう?

すでに郵便ポストが想像されてしまっていますよね。

「見てはいけない」というのは「見ろ」と同じ。

だから「見てはいけない」と思えば思うほど見てしまうわけです。

見てはいけないと思う背景には「相手に迷惑を掛けてはいけない」といった固定観念、不安だから見たくなってしまう感情の動きがあります。

自己視線恐怖症を克服するために

自己視線恐怖症を引き起こしている大きな原因として固定観念と感情の抑圧があるため、それらを解消していくことが必要なのですが、まずは自分の中にそういう問題があるんだと認識することが必要となります。

ただ、「こうしないといけない」「これはやってはいけない」という固定観念も感情の抑圧も習慣化されて無意識になっていることから、自分だけではなかなか認識できません。

ですので、カウンセリングを受けながら自分自身と向き合っていくことによって少しずつ認識できる状態にしていきます。

認識できたら固定観念を崩そう、感情を解放していこうと思うのですが、なかなかそうはさせてくれません。

自己視線恐怖症で悩んでいる期間が長ければ長いほど強烈に染み付いてますから、変えようとしてもビクともしないんですよね。

例えば、認知療法や論理療法的に見てしまってもいい理由を考えてみたり、見てしまっても大丈夫だと言い聞かせようとしても全く効果が出ないのです。

ではどうすれば効果が出るかというと、他の視線と関係ない小さな固定観念を崩しながら、視線にこだわりすぎて狭くなった身勝手な思考を客観的に見れる状態にしていく。

感情を表現しながらでも嫌われずに人間関係が築いていけることを実感して無意識に理解させていくといったことを地道にやっていくことになります。

自己視線恐怖症は自分では気付けない無意識レベルの問題が原因になっていますから、自力で何とかしようと間違った方向で頑張る前にご相談いただければと思います。

⇒ひとりで悩み苦しむ日々からの解放『対人恐怖症専門のカウンセリング』詳細はこちら