3人での会話

1対1なら話せるのに3人以上になると全然話せない。

話したいけど話題についていけないし、自分が話すことで場の空気を壊してしまったらどうしよう…

話すことを思いついてもタイミングがつかめないから会話に入れません。

自信が持てず「変なこと言ってないか」「こんな話、誰も聞きたくないんじゃないか」とネガティブに考えてばかり。

自分以外の人たちが盛り上がっている中、一人だけ会話に入れないことに苦しんでいます。

3人以上で話せないのは対人恐怖症の代表的な症状です。

3人以上で話せないのはなぜ?

コミュニケーションが依存的

3人以上で話せない人は、普段から相手に合わせる会話をしています。

1対1なら目の前の相手に合わせるだけでいいのですが、相手が2人、3人と増えれば増えるほど全員に合わせるのは難しくなっていく。

というか、無理ですよね。

Aさんにとっては興味ある話でもBさんはあまり興味がないとか、Aさんは気にしないけどCさんはすごく気にするとか、人によって感じ方や考え方が違うので全員に合わせることはできません。

にもかかわらず、無理やり合わせようとするから無難なことしか言えなくなり、最終的には何も言わず笑顔でうなずくだけになってしまう。

自分の話したいことを話すのは自分発信だから自立的な状態だと言えます。

対して、相手に合わせて会話をするのは相手次第で話せるか話せないかが決まる依存的な状態。

相手に依存するコミュニケーションしか取れないから3人以上で話せないのです。

場の空気を意識しすぎている

3人以上になることで集団特有の「場の空気」が生まれます。

1対1なら相手に合わせるだけでよかったのが、場の空気まで読まないといけなくなる。

コミュニケーションは3人以上で一気に複雑化するのです。

場の空気を読んで適切に対応できる自信がある人なら問題ありませんが、自信がない人はどうすればいいかわからなくなってしまう。

自らの行動が適切であると自信が持てないために、おそらく常にうまくその場に合わせねばということにばかり注意を向けてしまい、自分自身がどうありたいか、自分自身の信念に従った振る舞いが少なくなり、その場その場ごとに自分がくるくると変わってしまう

引用元:対人恐怖心性とセルフ・モニタリングとの関連、2011、関西福祉科学大学

何とか適切な振る舞いをしようと頑張っても、上手くできず変な空気にしてしまって自信喪失。

自分が話に入って場の空気を壊すくらいなら、他の人同士で楽しく話してくれている方がいいとさえ思うようになります。

「空気が読めない自分は発達障害じゃないか」と考える人もいますが、空気を読もうとし過ぎておかしくなっているケースばかりです。

初めての三者関係が形成される父親との関係性

3人以上で話したときに自分だけ会話に入れてもらえなかったとか、無視され続けたとか、「お前の話は面白くないからしゃべるな」と言われたとか、何か大きなショックを受けて苦手になったならわかりやすいと思います。

しかし、トラウマになるような経験があるわけでもなく、昔から3人以上で話せなかったと言われるケースばかり。

なぜなのかと原因を掘り下げてみたところ、初めて三者関係が形成される父親とのコミュニケーションで問題を抱えている人がほとんどでした。

集団との不適合感と父親との関係性は研究結果からも導き出されています。

注目すべきことは,日本人にあってはこうした集団への不適合感と「父親」との対話の有無が著しく関係していることである。(中略)日本人の場合,集団への適合という social skill は「父親」を媒介にして促進されるのではないかと考えられた。

引用元:対人恐怖症者に認められる対人不安意識に関する研究(3) : 幼少期の家庭環境と自己像に関する比較文化的検討、1980、横浜国立大学教育紀要

人間は生まれてから母親との関係、1対1の関係を築きながら成長していきますが、次にかかわる2人目がたいていの場合父親になる。

父親との関係でつまずいたから、3人以上で話すための土台が上手く形成されなかったわけです。

3人以上で話せない状態を改善するカウンセリング

すでに経験済みの方もおられると思いますが、本で話し方を勉強したり、話し方教室に通ったりしても何の解決にもなりません。

なぜなら、3人以上で話せないのはコミュニケーション能力の問題ではないからです。

たとえ聞き取りづらくたどたどしい話し方でも会話は成立しますし、話下手でも3人以上で楽しく話せる人なんていくらでも存在します。

3人以上で話せないのは、単なる経験不足や話し方が悪いといった表面的なことではなく、それ以前の部分が問題になっているのです。

まず土台となる部分があって初めて経験やスキルが活きてくるわけで、逆にその土台がない状態では何をやっても改善することはありません。

3人以上になると話せない状態を改善するために、カウンセリングでは以下のようなコミュニケーションの土台作りをしっかりおこないます。

会話における自分のスタンスを知る

3人以上で話せない人は自分のスタンスを見失っています。

会話のスタンスは人それぞれ、テンポがゆっくりの人もいれば速い人もいる。

話すのが好きか相手の話を聞くのが好きかも人によって違いますよね。

あとはリアクションが大きいか小さいかとか、身振り手振り使って話すかどうかとか…

3人以上の会話で困っていない人は自分のスタンスで話せています。

自分は気の利いた返しができるタイプじゃないと認識していれば上手く返せなくても当然だから気にしないでしょう。

輪に入って話を聞ければ満足という人は聞き役で全然話さないけど、自分が話せていないことを気にしません。

カウンセリングを受けていただくと、生まれ持った性質や成長過程で身に付けたコミュニケーションの特長を知ることができます。

自分にとって話しやすいスタンスを見つけることが3人以上でも話せるようになるために必要なのです。

1対1でも主体的に話せるようにしていく

普段から1対1の会話でも受け身にならず、主体的に話す機会を増やせば3人以上でも話しやすくなっていきます。

相手の話題に乗っかって話す、質問してもらって答えるという完全受身の会話スタイルを変えていくということです。

とはいえ、いきなり自分から話題を振って話すのは難しいですよね。ハードルが高すぎます。

まずはカウンセリングで少しずつ主体的に話す経験をしていきましょう。

自分が話したい、聞きたいと思う気持ちが強まれば主体的な会話がしやすくなるので、カウンセリングでは「自分が何を思って何を感じているのか」に焦点を当てた会話をおこないます。

  • 最近観た動画がすごく面白かった
  • 初めて入ったお店の接客が悪くて嫌な思いをした
  • 話題に上がった海外旅行に興味が湧いていた
  • 自分の考えではありえないことを言ってきたからめちゃくちゃ驚いた
  • 愚痴を聞いて友達に嫌な思いをさせる相手にイライラした

何気ない日常でも思っていること、感じていることはいろいろあるはずです。

最初はなかなか話したいと思えないのですが、カウンセリングで話して聴いてもらう経験を繰り返すと感覚が変わっていきます。

3人以上になると話せないことでお困りでしたらカウンセリングをご検討ください。