「人と話すのが苦手なのを克服したい、変わりたい」と思っている方は多いと思います。

学校でも職場でも保護者同士の集まりでも何かしらのコミュニティに属する以上人の会話は避けられませんからね。

私自身も会話が苦手でしたので「どうすれば普通に人と話せるようになるか」とよく考えていました。

経験が足りないのかと思って自分から頑張って話しかけてみたり、スキルが足りないのかと思ってコミュニケーションに関する本を読み漁ったり、知識が足りないのかと思って話題になるテレビ番組を観てみたり…

いろいろやってみたのですが人と話すのは苦手なまま。

とくにやることもないのに雑談が始まる休憩時間に忙しそうなふりをしてみたり、予定がないのにあると嘘ついて飲み会の誘いを断ったり、知り合いを見かけても気付かないふりをしてみたり…

気がつけば人と話さないといけない場面を避けるようになっていました。

私のように人と話すのが苦手で悩んでしまう人もいれば、逆に人と話すのをまったく苦にせず誰とでも楽しく話せる人もいますよね。

なぜ人と話すのが苦手になるのでしょうか?

日本に根付く「察する文化」の圧力

日本人は人と話すのを苦にする人が多いと言われます。

察する文化と言われるほど空気を読むことが重視され、相手の様子や場の雰囲気を感じ取って、言いたいことをストレートに言わないわけですからそもそもしゃべりにくいですよね。

「これを言ったら相手はどう思うか」

「こんなこと聞いても大丈夫なのか」

「今この話をしたら場の空気を乱すんじゃないか」

こんなことばかり考えていては話せなくなって当然だと思います。

器用な人はあまり考えず上手く立ち回れるのですが、できない人は上手く話せないまま自信を失っていくわけです。

時代と共に人付き合いが希薄になったことやメールやLINE等の普及で面と向かって会話する機会が減ったことも影響してはいるでしょう。

しかし、それ以上に日本人特有のコミュニケーションのとり方が影響していると思っています。

人と話すのが下手だと思って気にしすぎている

人と話すことが苦手だと思っている人は過去に何かしら会話が下手だと思う経験をしています。

  • 普通に話しているつもりだったのに友達から「何言ってるかわからない」と言われた
  • 親から「あんたの話は面白くない」と言われた
  • みんなと一緒に話を聞いて楽しんでいるつもりだったのに「ノリが悪い」と言われた

相手が何気なく言ったことでも人によってはすごく気にしてしまうもの。

言われずとも勝手に周りと比較して自分は話すのが下手だと思ってしまうケースもあります。

自分の話が面白くないと思うと「面白い話をしなきゃ」と自分にプレッシャーをかける。

プレッシャーがかかることで考え過ぎて余計に話せなくなって「やっぱり自分は会話が下手なんだ」と思う。

繰り返していくことでどんどん話すことに自信が持てなくなって人と話すことを避けるようになってしまう。

話しても自信を失うだけ、話さないと感覚をつかめず会話が上手くならないという悪循環にはまってしまうわけです。

コミュニケーションに問題がある親の影響

人と話すこと、他人とコミュニケーションを取ることにおいて相手の立場に立てるかどうかは非常に大切な感覚なのですが、その感覚は成長過程の中で通常は親子関係で養われていきます。

  • 末っ子だったからお母さんが何も言わなくても身の回りのことをやってくれていた
  • お父さんの言うことが絶対で逆らうことは許されなかった
  • 両親が夫婦喧嘩ばかりでなぜかよく八つ当たりされていた

こういう感じの家庭環境で育った場合、相手のことを考えて何かをしたり、何かを言ったりする機会がなくなってしまうため、相手の立場に立つ客観的な見方ができないまま成長していくことになります。

その結果相手のことも主観的にしか見れずに上手くコミュニケーションがとれなくなり、人と話すのが苦手だと感じるようになるのです。

よく言われる「相手との距離感が分からない」というのも客観的に見れなくなっている証拠だと言えます。

主観的なコミュニケーションが生み出す怒りや不安

主観的なコミュニケーションを取っている人は、相手が自分の思っている通りに動かないとイライラしやすく、自分の勝手な思い込みを事実に仕立て上げて相手に当てはめたりするので気持ちが不安定になる傾向があります。

「自分の気持ちを察してくれるのが当たり前のはずなのになぜ彼は察してくれないの?」

「上司は自分を犠牲にしてでも部下を守る立場だと思うのになぜあの上司はそうしようとしないんだ」

「私に気があるくせになぜ何も言ってこないの?」

といった感じで相手に不満を感じてイライラしたり、

「あの人は私のことを嫌いだと思ってるに違いない」

「私が変なことを言ったから怒らせてしまったんだ」

と自分が身勝手に考えたことを相手も同じように考えていると思って不安を感じるのです。

まずは今の自分にできる会話を心がけることが克服へのカギ

人と話すのが苦手だから話さない、話す機会を避ける。

克服するために無理やり自分から話しかけまくる。

どちらにしても上手くいきません。

今の自分は人と話すにあたってどこまでできるのかをまず考えてみましょう。

話しかけてもらったらある程度話せる状態なのか、話しかけられても一言返すのがやっとなのか、少し頑張れば自分から話していける状態なのか、話しかけるとなると頭が真っ白になってしまう状態なのか…

思っていた以上にたいしたことはできないかもしれません。

でも、人は結局自分ができること以上のことを飛び越えてはできないのです。

人と話すのが苦手な自分にできるコミュニケーションを少しずつ、克服するためにどうすればいいかは人によって様々ですのでカウンセリングでサポートしております。

雑談ができないことでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてみてください。