「初対面は大丈夫なのに2回目以降が上手くいかず関係を深められない」というお悩みでご相談いただくことは多いです。

初めて会ったときは普通に話せるけど次に会ったときは緊張してぎこちなくなってしまう。

何を話していいのかわからない。

2回目以降は会わないようにしたいと思っても、職場や学校、近所付き合い、子供の親同士のかかわりとなればそうはいきません。

ぎこちないまま仲良くなることもない苦しい状態を耐え続けるしかなくなってしまうのです。

人見知りなのかとご質問いただくこともありますが、人見知りとは逆の状態だと言えます。

人見知りの人は初対面では緊張して話せないものの、回数を重ねるごとに緊張が和らいで話せるようになっていきますからね。

では、いったい何なのでしょうか?

初対面は大丈夫なのに2回目以降がダメになってしまう理由

相手に嫌われたくないと思っているから

「本当の自分を知られたら嫌われるかも」という不安がある人は自分のことを知られたくないと思っています。

知られたくないから自分のことを話さない。

初対面なら相手もそこまで踏み込んでこないし表面的な話だけで成り立ちますが2回目以降となると変わってきますよね。

お互いに自分のことを話す必要が出てきます。

回数を重ねるごとに少しずつお互いのことを知って関係を築いていくわけですが、嫌われたくないがために自分のことを話せないから困るということです。

相手のことを知れば知るほど気を遣う度合いが高まるから

初対面であれば相手のことを知らないので合わせようにも合わせられず気を遣う度合いは低い。

しかし、2回、3回と会う毎に相手のことを知っていくので、相手に合わせられるようになっていきます。

「こういうことが好きなんだな」「こういうことは嫌いなんだな」「こういう考えをしているんだな」

相手のことを知れば知るほど合わせてしまうから気を遣う度合いがどんどん高まっていく。

話したいことがあっても相手が興味を持ちそうになければ話さないようにしたり、たいして興味もないのに相手の好きなことについて自分から話を振ってみたり…

親しい相手でも多少なり気を遣うことはありますが、気を遣いすぎるとしんどくなっていきますよね。

相手の期待に応えようとしているから

初対面のときにいい感じで話せれば話せるほど2回目も同じくらい話せないとと思ってしまう。

「相手の期待を裏切ってはいけない」とプレッシャーを感じて話せなくなるのです。

初対面のときは頑張って愛想よく話せたりしますが、2回目は初対面のときと比べて「相手にどう思われるか」が気になり出す。

この前は楽しく話せたのに今日楽しく話せなかったらどうしよう…

意識すればするほどぎこちなくなって初対面のときのように話せなくなってしまうのです。

話題がなくなってしまうから

初対面の人と話すことはだいたい決まっています。

話題があまりなかったとしても、質問攻めすれば間をつなぐことだってできます。

しかし、2回目となるとすでに話したことは話せませんし、また同じ質問をするわけにもいきません。

ネタが尽きてしまうわけです。

初対面すら苦手で何とか乗り切ったような人は話を覚えていないこともあって余計に困ります。

問題は相手中心のコミュニケーションにある

初対面なら話せるのに2回目以降話せなくなる人は、普段から相手に合わせたコミュニケーションをとっていてあまり自分のことを話さない傾向があります。

自分中心で自分のことをよく話すような人は2回目以降でも関係なくバンバン話しますからね。

2回目以降も普通に話せるようになるためには少しずつでも相手中心のコミュニケーションを自分中心に変えていく必要があります。

ただ、「本当の自分を知られたら嫌われるかも」という不安が強ければ強いほど自分中心になろうとしてもなれません。

まずは本当の自分を見せても嫌われないだろうと思える状態にしていくことから。

簡単に言うと自分に自信が持てる状態になるということです。

どうすれば自信が持てるようになるのか、知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。