面と向かって話すときに相手と目を合わせるのが怖いと言われる方は多いです。

「じっと目を見続けるのもおかしいし、全然目を見ないのもおかしいし…」と不自然にならないよう視線をコントロールする。

どれだけ頑張ってみても意識している以上どうしても不自然になってしまう。

不自然になっているのがバレないか、変に思われないかとビクビク。

意識せず相手の目を見る感覚がわからなくなっていく。

視線を意識しすぎてどこを見ていいかわからなくなるほどの状態になる人もいます。

  • 同僚に話しかけられても横向きのまま話す
  • 食事に誘われても対面になりそうなら断る
  • 友達とカフェに行くにしてもカウンター席を選ぶ
  • テーブル席でも斜め向かいか隣同士で座る

そもそも日本人は恥ずかしがりで目を合わせるのが苦手と言われますが、対面で話す機会を必死に避けるレベルになれば話は別。

視線恐怖症の一種である正視恐怖症に該当します。

相手の目を見ることを意識してしまう原理

面と向かって話しているときでも、視界に入るものについて話すとき以外はたいていイメージに意識が向いています。

例えば、思い出話に花を咲かせて盛り上がっている場面を想像してみてください。

当時の場面をイメージの中で共有して、盛り上がるにつれてまるでタイムスリップしたかのように話す。

実際は目の前にいる相手を見ながら話しているけど、意識で見ているのは過去の旅行先だったりするわけです。

となれば、相手の目を見ながら話しているかどうかにあまり意識が向きません。夢中になる度合いが強ければ相手の細かい表情の変化や仕草に気付かなくなる可能性だってあります。

目の前の相手を見ているようで見ていない状態になるわけです。

話に夢中で相手が明らかに帰りたがっている様子でも気付かない人だっていますよね。

逆に視線を意識している人は相手の様子をよく観察しています。

だから、話に集中できずイメージが湧かない。意識はほぼ100%面と向かって話している相手になるわけです。

自分が注意深く細かいところまで見ているから相手にも同じくらい見られているような感覚になる。

もし、自分の表情や仕草を細かくチェックされていたら怖いですよね。相手の目が怖くなって当然と言えます。

「目を見て話さないといけない」という固定観念に縛られている

私たちは小さい頃から相手の目を見て話すことが大事だと教わってきました。

親や先生から「ちゃんと目を見て話しましょう」「〇〇ちゃんは目を見て話すから賢いね」等といった感じで、目を見て話すことが正しいことのように教えられて育っています。

確かに目を見て話した方がいい面もありますが、基本的に日本人は目を見て話すのが苦手です。

恥の文化が根付いている日本では「自己主張せず周りに合わせること」「空気を読んで察すること」が美徳とされているため、目を合わせることで本音がばれるのはまずい。

「目は口ほどに物を言う」という諺があるくらい目というものに敏感なんですよね。

にもかかわらず、相手の目を見ないのは失礼だ等と頑張って目を合わせようとすると肩や首に余計な力が入って緊張状態になります。

緊張状態というのは戦闘モードに入ったのと同じ状態ですから、目にも力が入って目つきが鋭くなってしまうのです。

さらに正視恐怖症で悩んでいる人は感情を抑え込む傾向が強く、とくに怒りを表現しないため無意識ににらむ感じになりやすい。

頑張って目を見て話したのに相手が目を背けるのはこれが原因です。

相手の目を見て話せないのは隠しておきたいことが多い証拠

先程もお伝えした通り、目を合わせると本音がバレるのではないかという怖さがあります。

目を合わせられないときの代表例は嘘をついたときです。

相手の目をまっすぐ見て堂々と嘘をつける人はなかなかいないでしょう。

やましいことがあるから目を合わせられない。相手の目を見て話すのが怖いという感覚になります。

誰しもすべてオープンにして人と接しているわけではありません。

隠し事の一つや二つ誰にだってあるでしょう。

問題は隠し事が多すぎることにあります。

自分を偽ってなんとか人間関係を保っている人は本音がバレたら嫌われるかもという恐怖がある。

自分はダメ人間だと思っている人はダメ人間の自分を知られたらみんな離れていくとしか思えない。

自分の中にどれだけ隠したいことがあるのか、やましいと思ってることがあるのか。

無意識に目を背けている部分でもあってなかなか難しいですが、少しずつでも知ろうとしていけば相手の目を見て話せるようになっていきます。