脇見をする女性

脇見恐怖症で悩んでいる人は、視界に人が入る環境では集中できず困ります。

  • 教室で授業を受けているとき
  • 職場でパソコンの入力作業をしているとき
  • 電車に乗ってどこかへ出かけるとき

集中したいのに授業の内容がまったく頭に入らない。

仕事に集中できず効率が悪いからいつも残業して何とか終わらせる。

電車の中で本を読もうとしても集中できないから全然読めない。

テストで集中できずどうしようもない場合は、担任に相談して一番前の席にしてもらう等、配慮をお願いするケースもあります。

なぜ、人が視界に入ると集中できなくなってしまうのでしょうか?

人が視界に入ると集中できなくなる理由

人に対する不安や恐怖が非常に強い

脇見恐怖症で悩んでいない人たちは、視界に人が入ってもほとんど気にしません。

気にはなっても自分がやりたいことに集中できます。

例えば、電車の中でスマホゲームを必死にやっている人は、周りを気にせずものすごく集中できているでしょう。

隣に人がいれば間違いなく視界に入っているはずなのに気にならないのです。

最初に自分が座っていて、誰かが隣に座ってきたら少しは気になります。

しかし、意識はすぐゲームに切り替わって隣の人が意識から外れるんですよね。

何が違うのか?

人に対して感じる不安や恐怖の度合いが違うのです。

先程の例でスマホゲームをやっている人も、隣に危険性を感じるような人が来たらずっと意識し続けるでしょう。

視界に入った人に意識が向いて集中できなくなるのは不安や恐怖をものすごく感じているから。

警戒心が働いて落ち着かなくなるということです。

不安や恐怖の強さと自分自身が抱えている怒りは比例する

視界に入った人に不安や恐怖を感じるというのは、まるで相手を危険人物であるかのように見ているということです。

例えば、凶器を持っているとか奇声を発しているとか、明らかに危険だとわかる人なら相手の問題でしょう。

しかし、とくに目立った危険性が見られないのに不安や恐怖を感じるとすれば自分の中に問題があります。

人間の心理には、自分が不満や怒りを抱えていると、相手にその不満や怒りを映し出す現象があるからです。

思い通りにならない人生への不満、親を許せない、自分を許せない…

自分の中に満ち溢れた不満、怒りが視界に入った人に映し出されるから怖さを感じる。

つまり、視界に入った人が気になる度合いが強い人ほど、不満や怒りを蓄積しているということなのです。

人が視界に入ると集中できない状態を改善するために

自分の中に蓄積された不満や怒りに気付く

抱え込んだ不満や怒りの感情に気付いていくところからです。

親子関係や学校生活などでずっと我慢してきたこと、我慢させられてきたことはありませんか?

自分では我慢と気付けないまま我慢してきた人も非常に多いです。

とくに親子関係では無意識に正当化して自分を納得させてきた人が多いので気付きにくいと思います。

まずできることは日々の生活で自分の感情の動きに目を向けること。

不満や怒りにつながる感情、人間の一番原始的な感情と言われる「不快」を探してみてください。

そして、「嫌(嫌悪)」「嫌い」へと順番に少しずつやっていきましょう。

相手に迷惑をかけないことを大前提と考え、自分が嫌だと感じないようにしている人は多いです。

本当は嫌いな相手なのに嫌いだと思わないようにしている人もいたり。

やってみて自分だけでは気付けないなと思われたら、気付けるようにカウンセリングでサポートします。

過去の不満や怒りと折り合いをつけて抱えない習慣を作る

自分の中にどれだけ不満や怒りが蓄積されているかを知るだけでも変わります。

「これだけの不満や怒りがあるから視界に入る人に不安や恐怖を感じるんだな」と頭だけでなく心で納得できてくるからです。

ただ、不満や怒りを抱えている以上、視界に人が入ったら集中できない状態になってしまいます。

過去に抱えたものであれば過去と向き合って折り合いをつけていく。

親に本当ややりたくない勉強を無理やりさせられ、いい子でないと受け入れてもらえなかった不満、怒りがあるなら書き出してみる。

本当はどうして欲しかったのか、本当はどうしたかったのか。当時の感情も交えて。

振り返ってみてもよくわからない、当時は何も感じていなかったのなら「たぶんこういう気持ちだったんじゃないか」と予想するでもかまいません。

簡単ではありませんが、繰り返していくうちに少しずつ折り合いがついてきます。

そして、今の生活において不満や怒りを抱えづらい習慣を作ることです。

過去と折り合いがつけば自然と変わるところでもありますが、意識して不満や怒りを表現できるようにしていくといいでしょう。

他人に対する表現の仕方は大切で、簡単に説明できるものではありませんので、カウンセリングで個別にサポートしております。

⇒人が視界に入ると集中できない脇見恐怖症を克服するカウンセリング