隣人の生活音が気になりすぎて耳を塞ぐ女性

隣近所、マンションの上下階に住んでいる人の生活音が気になって仕方がないというお悩みでご相談いただくことがあります。

子供が走り回る音や騒ぎ声、大音量の音楽等だけでなく、些細な生活音まで気になってしまうのはものすごくつらいですよね。

常に隣人が出す音に反応してはイライラする。やり返してはやり返されて、嫌がらせをし合う感覚に陥りやすい。

音が気になりすぎて引越しを繰り返す、工事で壁を防音にするといったケースも珍しくありません。

他人の出す些細な雑音が気になって仕方がないのは、神経症の一種である雑音恐怖症に該当すると言われます。

隣人の生活音が気になって仕方なくなる原因

不満や怒りの蓄積

過去の経験や普段の生活での我慢が多い人ほど、隣人の生活音に過敏になりやすい傾向が見られます。

不満や怒りを溜め込んでいる状態は爆弾をイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。些細なことであっても導火線に火が付くから爆発してしまうわけです。

自分が我慢ばかりしていると他人にも我慢を強いる感覚が出てくる。「こうあるべき」を振りかざして蓄積された不満や怒りを隣人に向けています。

「音を出さないように気を遣って生活すべきなのになぜやらないんだ!許せない!」と相手を責める気持ちの裏には、「自分はこんなに我慢しているのに」という気持ちがあるのです。

自分の中にある怒りが隣人に映し出されることによって、隣人が意図的に音を出して嫌がらせをしてきているように感じるところもあります。

人目を気にする度合いが強い

「他人にどう思われるか」を気にする人ほど隣人の音を気にしやすいところがあります。

普段から他人を意識する度合いが高いことで隣人にも意識が向いてしまうわけです。

親の顔色をうかがって生きてきた人は他人の反応に敏感です。隣人だけでなく他の人の態度や言動にも敏感ではありませんか?

人目を気にするから他人に迷惑を掛けないようにする意識が強く、迷惑を掛ける人が理解できない、許せない気持ちになりやすい。

音を過剰に気にする自分はおかしいのではないかと不安になり、余計に音が気になってしまうところもあります。人目を気にしているから自分が普通でないことが気になるのです。

不安が強くなりすぎて隣人に監視されているかのように感じ出すケースも少なくありません。

ストレスによる聴覚過敏

ストレスの影響で音に敏感な状態になっている可能性があります。

掃除機の音や雑踏の中など、周りの人が気にしないような生活の音が頭に響いて辛い。こうした症状は「聴覚過敏」と呼ばれる。近年は発達障害の特性である感覚過敏のひとつとして知られるようになったが、実は障害の有無にかかわらず、病気やストレスなどによって後天的に誰にでも起こりうるものだ。

引用元:生活音が頭に響く「聴覚過敏」 ストレス原因も、2019、産経ニュース

特に人とのかかわりでストレスを抱え込んでいる人が多いです。

ストレスで聴覚過敏になっているから音が気になる。音が気になることでストレスを抱えてさらに聴覚過敏が悪化するという悪循環に入っていきます。

気が狂いそうになる感覚は莫大なストレスを抱えている証拠です。

生まれ持った音に敏感な性質

発達障害HSP(人一倍敏感な人)はどうしても音が気になってしまいます。

発達障害のある人の中には、聴覚に過敏性のある人がいます。特定の音に過剰反応したり、多くの人にとって気にならないような音が、耐えられないほど大きく感じられたり…その結果、イライラしてしまうことや、ぐったりと疲れて寝込んでしまうこともあります。

引用元:聴覚が過敏「音」で極端に疲れる:困りごとのトリセツ(取扱説明書)発達障害プロジェクト

発達障害の場合はフィルターがなくダイレクトに音が流れ込んでくる状態、HSPの場合はセンサーが過敏で感じ取りやすい状態のため、どちらも些細な音を拾ってしまうのです。

食事中のそしゃく音やタイピング音等、特定の音に強い嫌悪感を抱く「ミソフォニア」が影響している可能性も考えられます。

隣人の生活音が気になる度合いは悪化していく

「音を気にしないようにしよう」とする意識

隣人の生活音が気になりだすと気にしないようにしようとします。

誤魔化すためにヘッドホンを付けて生活する人も多いですが、結局は音を気にしていることに変わりありません。

音を気にしないようにしようとすればするほど過敏になっていく。

気になりすぎて壁に耳を当てて隣人の音を聞いたり、カーテン越しに様子をうかがったりする人もいるくらいです。

自分に対して厳しく、相手に迷惑をかけてはいけない意識が強い人ほど、悪循環にはまりやすい傾向が見られます。

自分の発する音まで気になってしまう

隣人の発する生活音を気にしていると、だんだん自分の発する生活音が迷惑ではないかと考えるようになります。

自分が迷惑だと感じているから相手も迷惑だと感じるに違いないと思ってしまうんですよね。

そして、隣人の発する音と自分が発する音の両方に意識が向くようになると、自分の発した音で相手が反応しているように思えてきてどんどん音を出せなくなっていく。

友達と電話で話すときに小声で話したり、足音を立てないようにしたり、パソコンのキーボードを音が出ないように叩いたり…

相手がバルコニーに出なくなったり、洗濯物を干さなくなったりすると自分のせいだとまた音を気にしだす。

気にする音が増えれば増えるほど制限がかかるので、莫大なストレスを抱えて眠れなくなったりすることも多いです。

隣人の生活音が気になりすぎてトラブルに発展するケースも

人が住んでいる以上生活音が消えないのは当たり前ですが、気になっている人にとっては耐え難いもの。

我慢できなくなって壁を叩いたり、天井を突いたり、怒鳴ってしまったりすることで相手が怒鳴り込んできてトラブルになったというケースも聞きます。

また、気になるからと隣人の様子をうかがう、不自然に音を立てないようにする等によって不審がられてしまうこともありました。

ずっと音を気にして生活し続けているとイライラしやすくなるのは当然だと思いますが、隣人とのトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

隣人の生活音を気にしない状態になるために

排除しようとせず受け止めていく

現在までカウンセリングを重ねてきた中で、神経質で音が気になりすぎる人にとって「排除」というのはキーワードだと思っています。

自分がこんなに苦しんでいるのに音を出し続ける隣人、音ばかり気にしてやるべきことができない自分…排除しようとすることで執着が強まり、余計に音が気になっているからです。

排除の反対は「受容」。排除しようとせず受け止めることが改善へのカギとなります。

ただ、敵意を抱いている隣人に理解を示そうとするのは難しいため、まずは思いつく限り自分の気持ちを書き出すところから始めてみてください。

音が気になってイライラする気持ち、過去の消化できていない気持ち等、受け止めることができればできるほど音に対する執着は弱まっていきます。

どれだけ書いても楽にならない場合は、誰かに受け止めてもらう必要がありますのでカウンセリングを活用していただければと思います。

ワーキングメモリを鍛える

ワーキングメモリは特定の目的や作業のために記憶を出し入れする同時処理能力のことを指します。

隣人の生活音が気になりすぎる状態の人は、このワーキングメモリの容量がいっぱいになっているから、音が気になりだすと他のことに集中できない問題が起こるのです。

不安は抱えながら行動することで解消されていくのですが、ワーキングメモリに空きがないと不安を感じるだけで終わって行動ができない。行動できないから不安が解消されず、常に不安なことばかり考えて過ごしてしまうことになっています。

ワーキングメモリを鍛えたいのであれば以下のことが効果的です。

  • Nバック課題
  • 百マス計算
  • スロージョギング
  • カウンセリング

ワーキングメモリを鍛えることで不安をコントロールしやすくなり、不安を感じながらでも行動できるようになるから緩和されるんですよね。

自分の軸を持ち音に左右されない状態になる

普段から自分で考えて行動することが少なく、他人の考えや意見に流されやすい人ほど音が気になったときにとらわれてしまう傾向があります。

自分の軸をしっかりと持ち、自分をコントロールできるかどうか。

自分がやりたいこと、やるべきことへの意識が強くなればなるほど、隣人の生活音はどうもでいいことになっていきます。

ただ、音が気になる度合いが強い人ほど音のことばかり考えて生活しているので簡単ではありません。

カウンセリングを受けることによって、音が気になってしまう原因に気付いたり、自分の気持ちを話してコントロールできる感覚を養ったりして、少しずつ音以外のことに意識が向きやすい状態を作ることが必要となります。

そして、自分にとって大切なことを優先できるようになれば心が満たされて穏やかな気持ちになる。音のことを考える時間がどんどん減って改善へと向かうのです。

音が気になる度合いや状態、もともとの性質の影響などによって何をすればいいかは異なりますので、しっかりお話をお聴きした上でアドバイスしております。

隣人の生活音が気になって仕方がない、しんどい生活を耐え忍んでおられるようでしたらご相談ください。